Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

西野七瀬、乃木坂46の“希望”から“絶対的エース”に至る軌跡 7年間で遂げた飛躍を辿る

リアルサウンド

18/9/23(日) 10:00

 ティッシュ配りをして泣き、太った鳩が好きというエピソードを話しながら泣いていた西野七瀬。そのイメージが変わったのは、4thシングル『制服のマネキン』から5thシングル『君の名は希望』にかけてだろう。

参考:乃木坂46 西野七瀬、年内卒業へ “自然な成熟を見せる”グループを軸として支えた功績

 「制服のマネキン」で選抜の中心メンバーである七福神から漏れた西野は“入れ替わったメンバーが自分だけだ”という葛藤の中で、自分の気持ちを表に出すパフォーマンスができるようになった。『君の名は希望』でも福神入りは果たせなかったが、MV「君の名は希望 DANCE&LIP ver.」の最後にタイトルが出て、西野のナチュラルな笑顔が映し出された時、ひとつの希望が生まれたと感じたファンは多かったはずだ。

 「君の名は希望 DANCE&LIP ver.」を撮影した丸山健志監督は「歌詞を理解したいい表情をしていたので、想定以上にリップシーンが増えたんです。なんでこんなに危うい魅力が出せるんだと思いました」と語っている(参考:『OVERTURE No.001』)。

 6thシングル「ガールズルール」では福神に復帰し、7thシングル「バレッタ」ではフロントメンバーになり、8thシングル気づいたら片想い」でついにセンターに立った。西野は繊細に変化する表情やしなやかなダンスで曲の世界を描き、乃木坂46を新たなフェーズに導いた。

 その後、西野は9thシングル「夏のFree&Easy」、11thシングル「命は美しい」でセンターに選ばれ、13thシングル「今、話したい誰かがいる」と17thシングル「インフルエンサー」で白石麻衣とWセンターを務めると、19thシングル「いつかできるから今日できる」では齋藤飛鳥とのWセンターでグループの人気を押し上げた。

 生駒里奈は西野について「なーちゃんが乃木坂を変えたと思ってます。いまの乃木坂の儚いイメージを作り上げたのはなーちゃんなんですよ」とコメントしている((参考:『EX大衆』2018年5月号)。

 西野が持っている“儚げで守ってあげたいと思わせる雰囲気”の奥にあるのは仕事に対する使命感であり、少年のような探求心である。

 個人仕事が多い西野だが、リハーサルへの出席率が高く、熱心に取り組んでいた。北野日奈子によると「七瀬さんと生駒さんからは熱さというか『ここが頑張り時なんだ』というのが伝わってくる」(参考:『EX大衆』2017年1月号)という。

 本人は「性格上、全部頑張ってしまうだけなんです(笑)。手を抜くことができないから、体力的にキツいなと思うことはあります」(参考:『OVERTURE No.015』)と語っている。

 そのインタビューでは20thシングル「シンクロニシティ」のダンスに並々ならぬこだわりを見せていた。

 「振り入れの時は『なんで先生たちはあんなにキレイに踊って表現することができるんだろう。同じ振りなのに私と何が違うんだろう』と落ち込んで悔しい思いをしたんです。先生たちが踊ってる『シンクロニシティ』の動画を何十回も観ました。一時停止して『こうしてるからカッコよく見えるのかな』と研究して、自分のダンスがキレイに見えるようにしたかったんです」(参考:『OVERTURE No.015』)。アイドルを7年続けてなお、自身のパフォーマンスを追求しているのだ。

 中学時代は「女の子同士特有の付き合いとか、面倒くさい関係が嫌やった」という理由でバスケ部をやめたこともある西野だが、同じ女性だけの環境でも乃木坂46の居心地はよかったようだ。

 昨年末に、秋元真夏、生駒里奈、衛藤美彩、桜井玲香、高山一実、松村沙友理による座談会を取材していた際、同じスタジオにいた西野がメンバーにお茶を運んで「6人の後ろ姿がかわいくて、輪に入りたくなった」と告げる微笑ましい一幕があった(メンバーたちは「天使かと思った!」とリアクション)。結成から7年が経ち、互いの弱さを知っているからこそ支え合える関係になっているのだろう。

 仲良しメンバーの集まりであるスイカ(西野七瀬、伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、斉藤優里)は、5人で旅行するほど距離が近い存在だ。今年8月4日、大坂・ヤンマースタジアム長居で行われたライブで、西野はジコチュープロデュース(ひとりのメンバーが曲や演出、衣装などを決める企画)としてスイカの5人で「白米様」をパフォーマンス。地元の大会場に集まった5万人の観客の前で、西野はとびっきりの笑顔を見せた。

 9月20日、7年間のアイドル活動で“人生が変わった”西野は卒業を発表(年内いっぱいで活動を終了し、来年に卒業コンサートを行う)。フォトブック『わたしのこと』(集英社)では「人生で一番自慢できることは?」という質問に「乃木坂46のメンバーにいること」と答えていた彼女が、その場所から旅立つ決意をした。

 ブログには「一人になってからも、このお仕事は続けていきたい」と綴られていたが、来年以降、西野はどんな活動をしていくのだろうか。

 昨年9月に公開された映画『あさひなぐ』や今年1月~3月に放送された『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)に主演したことで、「ネガティブに考えると、『自分よりお芝居がうまい人もキレイな人もゴロゴロいるのに、私なんかが女優としてやっていけるのかな、やらないほうがいいんじゃないか』となるんですけど、最近はもっと楽に考えてもいいんじゃないかなと思うようになったんです」(『EX大衆』2018年2月号)と心境の変化を見せており、女優に力を入れる可能性はあるだろう。

 個人的には、過去に出演した『世界制服』(NHK Eテレで昨年9月4日11日、今年8月20日、27日放送)や『ZOOっと見ナイト~生中継!夜の動物園~』(NHK総合で8月22日に放送)のように、西野の「好きなこと」がつながるコンテンツでの活躍を観たいところだ。

 しかし、乃木坂46で成長して乃木坂46をトップアイドルに導いた西野七瀬なら、どんな道を選んだとしても、その世界で日差しを浴び、光合成して輝くことだろう。(大貫真之介)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play