Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」初日舞台挨拶の様子。左からダン・フォグラー、アリソン・スドル、ジュード・ロウ、エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、クラウディア・キム。

「ファンタビ」エディ・レッドメインらが鏡開き、ジュード・ロウは日本語で「最高!」

ナタリー

18/11/23(金) 10:35

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の初日舞台挨拶が本日11月23日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストのエディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、クラウディア・キムが登壇した。

大歓声に迎えられ登場したキャストたち。レッドメインは「コンニチワ! 今日は勤労感謝の日なのに来てくれてありがとう!」と挨拶して笑いを誘うと、「2年間言いたくても言えなかった秘密が今日明かされるよ。新しい驚きやビーストたちが出てくるのを、ぜひ楽しんでね!」と作品をアピールする。注目ポイントを聞かれたロウは「ベビーニフラー!」と答え、「今回はいろんな色のベビーニフラーが出てきてとにかくかわいいんだ。ニュートが部屋でいたずらする彼らをつかまえようとするシーンに注目してみて!」と紹介した。

イベントでは、法被を着たキャストたちが鏡開きをする場面も。前回の来日でも法被を着用したスドルは「ひさしぶりに着られてうれしい。持って帰ろうかしら」とお気に入りのようで、初の鏡開きとなるウォーターストンは「前回は私だけ『エイリアン』の撮影で来れなかったの。今回は鏡開きのプロから学ばせてもらうわ」とにっこり笑う。気合の入ったフォグラーが「ヤアー!」と掛け声を叫び会場を沸かせたあと、鏡開きは無事に成功。さらにフォグラーは鏡開きの樽を抱えて一気飲みするような仕草をして笑いを起こした。

最後にロウは「僕たちは世界中を回ってきて、東京が最終地点なんだ。日本の素晴らしい文化や、和食、みんなの歓迎ぶりに心から感謝してるよ。絶対に戻って来るよ!」とファンに語りかけると、「サイコー!」と声を上げ、イベントを締めくくった。

デヴィッド・イェーツが監督を務めた「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、全国で公開中。

(c)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play