Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

菅田将暉、初のライブ映像作品ジャケット&収録曲公開 石崎ひゅーい、あいみょんらのカバーも

リアルサウンド

19/2/4(月) 13:16

 菅田将暉が、3月6日にリリースする初のライブ映像作品『SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15』のジャケットアートワークおよび、収録楽曲を公開した。

(関連:菅田将暉主演ドラマ『3年A組』主題歌、なぜザ・クロマニヨンズ「生きる」に? “繋がり”を考察

 同作には、2018年11月15日に恵比寿LIQUIDROOMで開催した一夜限りのプレミアムワンマンライブで演奏した全曲を収録。音楽ストリーミングサービス・LINE MUSICの「2018年間ランキング」で総合1位を獲得した 「さよならエレジー」や、デビューシングル曲「見たこともない景色」、最新シングル曲「ロングホープ・フィリア」 に加え、菅田将暉と親交のあるアーティスト、石崎ひゅーい「ピリオド」、米津玄師(+菅田将暉)「灰色と青」、あいみょん「ふたりの世界」などのカバーも収録。さらに、アンコールで披露し現時点では発売未定の新曲「クローバー」も、 弾き語りでそのまま収められる。

 また、菅田将暉の音楽オフィシャルサイトでは、今作のCDショップ購入者特典“「SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15」バックステージパス(レプリカ)”のデザインも同時公開した。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む