Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ACM劇場プロデュース公演「ゼブラ」チラシ

田村孝裕「ゼブラ」が水戸芸術館ACM劇場に登場、出演に新垣里沙・矢部太郎ら

ナタリー

18/9/13(木) 14:15

田村孝裕作・演出「ゼブラ」が、12月1・2日に茨城・水戸芸術館 ACM劇場で上演される。

「ゼブラ」は2005年に東京・THEATER/TOPSで初演されたONEOR8の作品。田村が敬愛する作家・向田邦子へのオマージュとして捧げた作品で、09年には東京・シアタークリエでも上演された。ACM劇場プロデュース公演となる今回は、メンバーのほか新垣里沙やカラテカの矢部太郎らが出演者に名を連ねている。

ある秋の日、母の死を見届けに集まった4姉妹。それぞれの胸の内にある思いが口に溢れ出し……。なおONEOR8の公式サイトでは、メンバーが千秋楽までの出来事をつづる公演特設ページが更新されている。

田村孝裕コメント

葬式の時、いつも考えることがある。部屋を囲った白黒の幕が、シマウマを連想させるのだ。でっかいシマウマの横で自分がお焼香をしていると思ったら、なんだかおかしくてたまらなくなる。参列者は皆ゼブラカラーの服を着て、シマウマ様を崇めているように見える。亡くなった方もきっと、この大きすぎるシマウマに乗って天国へと旅立つのだろう。それにしてもどうやってシマウマに乗ったのだろう? きっと脚立を使ったに違いない。そんなことを考えながら、私は泣かないようにしています。

ACM劇場プロデュース公演「ゼブラ」

2018年12月1日(土)・2日(日)
茨城県 水戸芸術館 ACM劇場

作・演出:田村孝裕
出演:冨田直美、和田ひろこ、恩田隆一、伊藤俊輔、山口森広 / 弘中麻紀、星野園美、瓜生和成、吉田芽吹、古屋治男 / 新垣里沙、矢部太郎

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play