Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」メインビジュアル

市原隼人、鈴木伸之、飯豊まりえ、=LOVE齊藤なぎさ主演のオムニバス映画公開

ナタリー

19/2/21(木) 10:00

市原隼人、鈴木伸之(劇団EXILE)、飯豊まりえ、齊藤なぎさ(=LOVE)が主演を務めるオムニバス映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」が2019年内に公開される。

本作は、4人の俳優と4組のアーティストがそれぞれタッグを組んだ、四季をテーマに制作された4本の短編からなるオムニバス。すべて福岡県遠賀郡芦屋町で撮影された。

齊藤と現役女子高生シンガー・みゆなが組んだ「ナツヨゾラ」では、映画初出演の宮世琉弥(M!LK)をはじめ萩原護、岩佐真悠子、荒井敦史らが脇を固める。鈴木が主演を務める「時々もみじ色」ではBENIが主題歌を歌い、モロ師岡、松田るか、麻木玲那、安井順平が共演した。

飯豊の主演作「冬のふわふわ」ではmoumoonの「One Time」が主題歌として使用され、袴田吉彦、こくぼつよし、原日出子らが顔をそろえる。また市原が主演を務め、平田薫も出演した「桜咲く頃に君と」の主題歌はハジ→の「春夏秋冬。」に決定。全作品の監督を「風のたより」の向井宗敏が務めた。

3月23日には「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風完成記念イベント・映画の日」と銘打たれた、出演者による舞台挨拶付き上映イベントが開催決定。翌24日には主題歌を担当したアーティスト4組を迎え入れた上映ライブイベント「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風完成記念イベント・映画とライブの日」が福岡・芦屋町で実施される。劇場公開は6月以降の予定だ。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える