Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から土屋太鳳、つんく♂

つんく♂が読売テレビ60年ドラマのテーマ曲書き下ろし、土屋太鳳が全身全霊で歌う

ナタリー

19/2/4(月) 5:00

2月22日(金)21:00から読売テレビ・日本テレビ系で放送される読売テレビ開局60年ドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」の、メインテーマをつんく♂が書き下ろすことが明らかになった。

このドラマは、1970年代に放送され五木ひろしや八代亜紀、山本譲二、天童よしみら多くのスターを輩出した読売テレビ制作のオーディション番組「全日本歌謡選手権」をモチーフにしたもの。歌手の夢を半ばあきらめかけていた土屋太鳳演じる小沢翼が1975年の東京にタイムスリップし、歌手になるために上京してきた百田夏菜子演じる大空つばさとユニットを組んで、デビューを目指して「全日本歌謡選手権」に出場するというストーリーだ。

つんく♂が制作したメインテーマ「幸せのセレナーデ」は物語の鍵となる重要な曲。土屋演じる小沢が「全日本歌謡選手権」の舞台で、いろいろな思いを背負いながらこの曲を全身全霊で歌う。

つんく♂はこの曲について「僕が小学生の頃に、感覚で受け捉えていた空気感と、仕事し始めて受け取った70年代という時代感を混ぜ合わせました。実際のそのままのレトロを作りあげるのではなく、ちょっと強調した、自分なりの70年代を作りあげました。実際、歌詞は70年代の作家先生は書かないだろうなという内容にあえてしました」とコメント。土屋の歌声を聴いた印象を「普段ドラマで見る印象と声の印象が違って、思った以上に明るい声でした。なので、極力、可愛いさが出ないようなイメージで歌ってもらいました。本人は無意識と思いますが、ときおりお皿をこすったようなキュキュっとする、かわいい声の部分が出てきてそれが個性的で魅力的な声をしてるなと思いました」とつづった。

また土屋はつんく♂とのレコーディングについて「私は自分の声に大きなコンプレックスを持っていて、いざという時に声が出なくなる時期が続いていたこともあり、歌は大好きだけれど、人前で歌うことには、ずっと戸惑いが消えなかったんです。凄く音楽が好きで救われてきたのに、だからこそ自分が関わっちゃいけないような気がして。でも、つんく♂さんはディレクションの一言目で、その意識を180度変えてくださいました。『もっとマイクに近づけて、歌うのではなく、囁いて』という言葉をいただいた時、歌うんじゃない、これは心の声なんだと目から鱗の気持ちになりました。その目から鱗の『鱗』が、翼の心を通して、涙になったのだと思います」と振り返った。

読売テレビ・日本テレビ系「読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』

2019年2月22日(金)21:00~22:54

つんく♂ コメント

今回の依頼について

70年代をリアルで手掛けられた御大作家先生もたくさんいらっしゃる中、指名いただけたことは心より嬉しく思ってます。僕が小学生の頃に、感覚で捉えていた空気感と、仕事し始めて受け取った70年代という時代感を混ぜ合わせました。実際のそのままのレトロを作りあげるのではなく、ちょっと強調した、自分なりの70年代を作りあげました。
実際、歌詞は70年代の作家先生は書かないだろうなという内容にあえてしました。

「幸せのセレナーデ」に込めた思い

打合せで、恋愛ソングではないんですと言われたんですが、恋愛ソングでないと70年代を語れないような気がしたので、自然とそうなっていきました。
時代は高度成長期で、浮かれていた人が多かったかもしれませんが、学生や若者みんなが勝ち組だったとも思えません。そういう人たちの心の支えになるのが音楽や流行歌だったとしたら、そんな方たちへの応援歌になればなって思って作りました。
当時の作家先生たちと並んで、もし本当にリリースされてたら実際どうなってたかなとか想像しながら(笑)。

楽曲における一番のこだわり

70年代と一口に言っても初期と末期では全然サウンドも時代感覚も違うので、その辺は悩みましたが、基本は70年頭のイメージで、時代感や空気感を大切にしました。
時代的に、サビにはもっとキャッチーな歌詞を持ってくる手法をとるんじゃないかなと思ったんですが、テレビドラマで流れる歌なので、芝居の邪魔にならないように歌詞の言葉を選び、「幸せ」「不幸せ」というテーマからブレないように書き上げました。

土屋太鳳の歌声を聴いた感想

普段ドラマで見る印象と声の印象が違って、思った以上に明るい声でした。なので、極力、可愛さが出ないようなイメージで歌ってもらいました。本人は無意識と思いますが、ときおりお皿をこすったようなキュキュっとする、かわいい声の部分が出てきてそれが個性的で魅力的な声をしてるなと思いました。

もし土屋太鳳を歌手、またはアイドルとしてプロデュースするなら

「まれ」も「花子とアン」も「鈴木先生」も観ましたが、「真夜中のパン屋さん」の印象が強く、あのパン屋さんの太鳳ちゃんが好きでした。
彼女が今14歳の設定としてデビューから考えていいのであれば、とにかく、明るくフレッシュな個性的な曲を2、3曲出して、スマッシュヒットをCMやドラマとともに出します。年齢もいい感じになった“ここぞ!”というときに、マイナー調の悲しく重めのしっかりした曲で大ヒット目指してみたいですね。

視聴者へのメッセージ

映画を観ても、音楽を聴いても、CMや雑誌を見ても、とにかく日本がぐんぐん成長していく時代でした。中でも、テレビは一番華やかで、お金もあって、影響力もあって、華やかな時代だったと思います。テレビからはすごいスターがたくさん出てきて、子どもの頃の僕らにとって夢の箱の中でした。
今回はそんな時代がドラマになるんですが、その音楽に関わることができました。僕自体もタイムスリップした感覚で、憧れていたあの時代のみなさんの仲間入りを勝手に果たした気分で超楽しくお仕事ができました。
そういうワクワクの詰まったドラマに仕上がっているはずですので、テレビをご覧のみなさまも一緒にタイムスリップし、あの時代を楽しんでいただきたいですね。

土屋太鳳 コメント

「幸せのセレナーデ」を歌った感想

最初の一小節の、最初の一言から、つんく♂さんの描く世界と人に、心を持っていかれました。これが、つんく♂さんの曲なんだ……!と思い知った気持ちです。綺麗ごとじゃないのに、すごく純粋で、せつなくて。流石だと思いましたし、今もずっと心を奪われてます。

レコーディングの感想

お会いした瞬間に、ずっとメディアを通して拝見してきたかたが目の前に現れたというよりも、つんく♂さんの歌が人の姿をして現れたような気持ちがしました。ディレクションは驚きの連続でした。私の知らない私を、つんく♂さんはすぐに見つけてくださいました。私は自分の声に大きなコンプレックスを持っていて、いざという時に声が出なくなる時期が続いていたこともあり、歌は大好きだけれど、人前で歌うことには、ずっと戸惑いが消えなかったんです。凄く音楽が好きで救われてきたのに、だからこそ自分が関わっちゃいけないような気がして。でも、つんく♂さんはディレクションの一言目で、その意識を180度変えてくださいました。「もっとマイクに近づけて、歌うのではなく、囁いて」という言葉をいただいたとき、歌うんじゃない、これは心の声なんだと目から鱗の気持ちになりました。その目から鱗の『鱗』が、翼の心を通して、涙になったのだと思います。

オーディションシーンの感想

ものすごく緊張したのですが、まず、つんく♂さんとの時間を思い出させていただいて、歌うというよりは心を語るつもりで臨みました。本当にたくさんのエキストラさん方が協力してくださいましたし、監督も私の、そして翼の心を尊重して段取りを考えてくださいましたし、キャストさんがたとスタッフさんがたに見守られた、あたたかい時間に恵まれることができました。テストの時からエキストラさん方には協力していただいたのですが、皆さん本当に熱く演じてくださって、私にパワーをくださったんです。その恩返しとまではならないと思うけれど、私もエキストラさん方ひとりひとりの目を見て、心を贈る気持ちで歌わせていただきました。その気持ちがカメラを通して、そしてテレビを通して、夢を追う切なさと一緒に、観てくださる方々へ届くことを祈ってます。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える