Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

マイク・リー監督最新作『ピータールー マンチェスターの悲劇』8月公開 イギリスの大虐殺を描く

リアルサウンド

19/4/22(月) 13:00

 『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』のマイク・リー監督最新作『Peterloo(原題)』が、『ピータールー マンチェスターの悲劇』の邦題で8月9日に公開されることが決定し、あわせて日本版ポスタービジュアルが公開された。

参考:ポスターはこちらから

 本作は、1819年、ナポレオン戦争後の困窮の英マンチェスターにて起きた、英国史上、最も残忍かつ悪名高き事件と言われる悪夢“ピータールーの虐殺”の全貌を描いた物語。自身もマンチェスター出身であるリー監督が英国史の暗部に切り込み、第75回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門でHuman Rights Film Network Awardを受賞した。

 深刻化する貧困問題の改善を訴え、政治的改革を求めた民衆6万人がセント・ピーターズ・フィールド広場に集まった。そこに、民衆運動の鎮圧のため、英国政府の騎兵隊が群衆の中へ突っ込んだ。それが、非武装市民6万人に起きた悪夢“ピータールーの虐殺”だ。結果、多くの抗議者が亡くなり、数百名が負傷。この事件は、英国の民主主義において大きな転機となり、ガーディアン紙が創設される重要なきっかけとなった事件となった。

 『007 スペクター』のロリー・キニア、『博士と彼女のセオリー』のマクシーン・ピークらがキャストに名を連ねた。なお、本作の製作プロダクションはアマゾン・スタジオ。膨大なリサーチの上、史実に基づいて監督自らが脚本を執筆し、臨場感を出すために3台のカメラで撮影された本作について、リー監督は「ピータールーの虐殺は、現代に蔓延する狂気や混乱に通じる重要な事件だ」とコメントしている。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む