Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ウォーリー木下

福谷圭祐と穴迫信一がWS&トーク、ナビゲーターはウォーリー木下

ナタリー

18/8/5(日) 17:02

兵庫・神戸アートビレッジセンター(KAVC)の舞台芸術プログラムディレクター・ウォーリー木下がナビゲーターを務める新企画「KAVC 演劇人 Play & Session vol.1」が、8月11日に同劇場で開催される。

「KAVC 演劇人 Play & Session」は、「演劇人は何を考えているのか?」「演劇の置かれている状況は地域によって違うのか?」をテーマに、演劇やパフォーミングアーツの関係者を別々のエリアから招き、ワークショップとトークを行うイベント。その第1弾には、大阪で活動する匿名劇壇の福谷圭祐、北九州を拠点とするブルーエゴナクの穴迫信一が参加する。

同日13:30からは福谷のワークショップ、15:30からは穴迫のワークショップが行われ、17:30から実施されるトークコーナーでは、福谷、穴迫、ウォーリーの3人が「20代、地域、演技」について語り合う。

開催にあたり、ウォーリーは「KAVCのプログラムディレクターとして最初にしようと思ったことは、いろんな演劇人の話を聞こう、ということです」「記念すべき第1回目のゲストに考えたのは、とにかく若い演劇人にしよう、ということでした」と述べ、「若い役者のみなさんに参加して欲しい。同時にふたりの演出家のWSを体験するのはとてもいい機会ではないでしょうか。もちろん鼎談だけでの参加もお待ちしています」とコメントした。

「KAVC 演劇人 Play & Session vol.1」

2018年8月11日(土・祝)
兵庫県 神戸アートビレッジセンター

ゲスト:福谷圭祐、穴迫信一
ナビゲーター:ウォーリー木下

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play