Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『なつぞら』第24話では、泰樹(草刈正雄)と天陽(吉沢亮)不在のまま演劇の幕が上がる

リアルサウンド

19/4/26(金) 8:15

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。4月27日放送の第24話では、泰樹(草刈正雄)と天陽(吉沢亮)不在のまま、なつ(広瀬すず)たちの演劇の幕が上がる。

参考:安藤サクラから朝ドラのバトンを受け取った柄本佑 『なつぞら』に活気を与える存在に

 天陽が泰樹に助けを求めた第23話。第24話では、泰樹と天陽が会場に来ないまま、なつたちの演劇の幕が上がる。これまでの練習の成果を発揮すべく必死に演じるなつ。終盤を迎えたそのとき、背後の扉が開く。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、柄本佑、吉沢亮らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む