Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日中合作ドラマ「料理人ワタナベ」製作発表会見にて、左から門馬直人、岸谷五朗、池内博之、シャン・ユーシエン。

池内博之、目標は“目を閉じて千切り”!日中合作ドラマ「料理人ワタナベ」製作発表会

ナタリー

18/10/24(水) 15:44

池内博之が主演を務める日中合作ドラマ「料理人ワタナベ」の製作発表会見が、東京・TRAVEL HUB MIXで10月23日に行われ、キャストの池内、岸谷五朗、シャン・ユーシエン、監督の門馬直人らが登壇した。

全10話からなる本作は、妻殺しの容疑者にされてしまった天才料理人・ワタナベが全国各地を逃亡する道中で、おいしい食材と人生に迷う人々に出会っていくコメディ。ワタナベ役の池内は「どこかのタイミングで料理教室に行きたい(笑)。一番やりたいのは“目を閉じて千切り”です。実は脚本にもあるんですが、本当にできるのかな、リアルにできたらすごいなと。行き着くところは“目を閉じて千切り”ですよ」と気合い十分にコメントした。

ワタナベを追う刑事・出口を演じる岸谷は、グルメな役ということで「僕は最終的には目を閉じて食べる!」と宣言して笑いを誘う。池内が「岸谷さんずーっと食べてますよね! 僕はずっと作ってるんですけど」と訴えると、岸谷は「ごめんね、いい役をありがとう」と返して和気あいあいとした雰囲気に。

シャン・ユーシエンは若きパティシエ・一琳役で出演。「中国の学校を卒業してまだ2年で、皆さん業界の大先輩なのでご一緒できること自体が大変光栄に思います。まずは日本語を早く覚えたい。料理も勉強しなきゃいけないな」と意気込んだ。

グルメ、旅、コメディなどさまざまな要素を含んだ本作。2019年1月より撮影が始まり、同年春より世界配信が予定されている。池内は「この作品を海外の方が観たときに『あーあれ食いたいな! あの場所に行きたい!』と思えるような作品になると思うので、ぜひ観てください!」と呼びかけた。なお本作の配信プラットホームは後日発表される。

(c)2019「料理人ワタナベ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play