Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

藤田咲と安部潤によるSaki X Jun、アルバム『叶歌』配信 初音ミクなどボカロ楽曲をリアレンジ

リアルサウンド

18/10/19(金) 11:54

 声優・藤田咲が、プロデューサー兼シンガーとして自らをセルフプロデュース。今年10周年を迎えた初音ミクなど、VOCALOID楽曲をリアレンジでカバーしたアルバム『叶歌』を10月19日に配信限定でリリースした。

(関連:今のボカロシーンだけが持つ“特異性”とは何か? キノシタ×ぬゆりが語り合う

 藤田はVOCALOID・初音ミクのキャラクターボイスでも知られる声優。日本国内での配信日は藤田咲の誕生日に当たる。

 全曲アレンジは『ミクの日感謝祭』など、初音ミクのライブアレンジを手掛けてきた安部潤が、バンド・The39’s 2018を率いて参加。藤田がもっとも気に入っている内の1曲だという「三日月ライダー(40mP)」や「メランコリック(Junky)」、過去にイベントでも歌唱カバーしたことのある「crack(keeno)」、「ハッピーシンセサイザ(EasyPop)」を、グルービーで大人っぽい、聴きごたえたっぷりのサウンドに生まれ変わらせている。

 さらには藤田が作詞も担当したオリジナル楽曲を2曲収録。オリジナル曲「契り歌」の作曲は40mp、「ユメクリセカイ」ではJunkyが参加している。なお、10月26日からは世界配信も決定している。

 藤田と安部は同プロジェクトのために、アーティスト名をSaki X Junとし、配信を行うという。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play