Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS……Jr.EXILEたちの躍進

リアルサウンド

18/11/27(火) 14:00

 約3年ぶりとなるドームツアー『STAR OF WISH』を敢行中のEXILEを筆頭に、EXILE TRIBEの動きが活発化している昨今。その中でも2018年下半期に熱い注目を集めているのがGENERATIONS from EXILE TRIBE(以下GENERATIONS/メイン写真)、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下THE RAMPAGE)ら“Jr.EXILE”の存在だ。

 Jr.EXILEとはEXILEに憧れ、そのDNAを受け継ぐ新世代のグループの総称。EXILE TRIBEの中ではEXILE THE SECONDや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下三代目JSB)の次の世代に当たるが、大きな特徴としてはLDHを運営母体とするエンタテイナー育成スクール・EXPG STUDIO出身者が多いことが挙げられる。幼少時から歌やダンスのレッスンを重ね、全国から集められた生え抜きのスクール出身者を中心に構成された彼らは、ダンス&ボーカルグループとしては国内トップクラスのスキルを誇る。アーティストとしてはもちろん、映画『HiGH&LOW』(以下ハイロー)シリーズや、ドラマが好評オンエア中の『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系)などで俳優としても活躍する面々を擁し、EXILE FAM(EXILE TRIBEファン)以外にも高い認知度を誇る彼ら。12月にはFANTASTICS from EXILE TRIBE(以下FANTASTICS)のCDデビューも決定し、ますます活況を見せるJr.EXILE世代の魅力について考察してみたい。

 一組ずつ見ていくと、Jr.EXILEの先陣を切る形で2012年にデビューしたGENERATIONSは、白濱亜嵐、関口メンディーというEXILEとの兼任メンバーを擁し、EXILEのDNAをもっとも濃く受け継ぐ存在。この初夏~夏に初のドームツアーを成功させ、アーティストとしての自分たちの原点を見つめ返すような世界観のシングル『少年』を10月末にリリース。活動初期からシングルには英語バージョンを収録し、コンスタントに欧米やアジア各国でも公演を行うなど、国内外を股に掛けた活動も注目されている。リーダーの白濱亜嵐を筆頭に、片寄涼太、佐野玲於らが俳優として、関口メンディーは俳優業のほかバラエティ分野でも活躍しているのは周知の通りだが、結成前はEXPGのインストラクターとしても活躍していた中務裕太らパフォーマー勢の力量も高く、ソリッドに磨き抜かれたパフォーマンスはJr.EXILEの中でも兄貴分の風格を感じさせる。片寄涼太と数原龍友のツインボーカルも、抜群のコンビネーションだ。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / 少年 (Music Video)

 16人編成という大所帯のTHE RAMPAGEは2017年にデビューし、今年9月に待望の1stアルバム『THE RAMPAGE』をリリース。情熱的な歌声を聴かせるRIKU、ハードなラップもこなせる川村壱馬、シルキーな歌声が持ち味の吉野北人の3ボーカル体制で、ヒップホップチューンからバラード、ラテンテイストまでバラエティに富んだ楽曲でリスナーを魅了している。三代目JSBのELLYの弟でもあるLIKIYA、陣のWリーダーを筆頭とするパフォーマー勢はオールドスクール系のジャンルを得意としているメンバーが多く、Jr.EXILEの中でもストリート感の強さと男性人気の高さも特徴的といえるグループだ。アルバム収録曲「Only One」のMVでは彼らの歩みがダイジェストで観られるが、デビュー前後、グループに分かれて全国を回った『武者修行』のほか、47都道府県ツアー『GO ON THE RAMPAGE』を行うなど地道にキャリアを積み上げてきた彼ら。2019年春からは初のアリーナツアー『THROW YA FIST』も決定しており、グループとしてさらなる一歩を踏み出す。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / LA FIESTA (Music Video)

 そしてデビュー目前にメンバーの中尾翔太が急逝するという不幸を乗り越え、12月5日に1stシングル『OVERDRIVE』をリリースするのがFANTASTICS 。GENERATIONS同様に世界、佐藤大樹とEXILEと兼任するメンバー2名を擁しており、先輩たちのDNAを濃く受け継ぐ集団でもある。NYで開催されているダンスバトル『STEP YA GAME UP 2012』のヒップホップ部門で優勝というキャリアを持つ世界、役者としても“ハイロー”シリーズのチハル役などで活躍中の佐藤がWリーダーを務める彼らは、シンクロ感が高くスタイリッシュなダンスパフォーマンスが身上。ブラックフィーリングの強いボーカリストが多いEXILE TRIBEには珍しく、ストレート&クリアな歌声の八木勇征、弱冠19歳ながら深みのある歌い回しで魅了する中島颯太と、ボーカリストも個性的で目を引く存在だ。

FANTASTICS from EXILE TRIBE / 「OVER DRIVE」 Music Video

 そしてJr.EXILEのさらなる秘密兵器といえるのが、2018年に始動したばかりのBALLISTIK BOYZ。EXILE TRIBEには今までいなかった、7人全員がマイクを持つグループだ。FANTASTICSのボーカル2名を輩出した『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5 ~夢を持った若者達へ~』のボーカル部門ファイナリストである日髙竜太、加納喜将、同じくラップ部門ファイナリストの海沼流星、松井利樹、そしてやはりオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』を経て、『PROJECT TARO』の一員としてニューヨークで3年間の修行を積んだ深堀未来、奥田力也、砂田将宏の7人で構成される彼らは、オーディションの時期から応援していたファンも多く、各自の個性がぶつかり合う白熱のパフォーマンスも注目ポイント。平均年齢18歳とフレッシュな面々でもあり、伸びしろの大きさにも期待が持てる。

 EXILE HIROを筆頭とするLDHが時間をかけて育成してきたメンバーを中心に、近年頭角を現してきた新世代のJr.EXILEたち。先輩グループを凌駕するレベルのストイックさとパフォーマンスレベルの高さを誇り、ワールドワイドな展開を睨んでの活動スタンスも特徴的だ。EXILE TRIBEのピラミッドの頂点といえるEXILEの背中を見つめつつ、国内外のエンタテインメントシーンに鋭く斬り込める才能を開花させつつあるJr.EXILE世代は今後、さらなる飛躍を遂げるに違いない。

■古知屋ジュン
沖縄県出身。歌って踊るアーティストをリスペクトするライター/編集者。『ヘドバン』編集を経て、『月刊ローチケHMV』『エキサイトBit』などで音楽/舞台/アートなど幅広い分野について執筆中。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play