Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

萩原健一が68歳で死去、「傷だらけの天使」「青春の蹉跌」などに出演

ナタリー

19/3/28(木) 23:34

萩原健一が3月26日10時30分にGIST(消化管間質腫瘍)のため、東京都内の病院で死去していたと所属事務所オスカープロモーションが発表した。満68歳だった。

“ショーケン”の愛称で親しまれた萩原は1950年7月26日生まれ、埼玉県出身。1967年、ザ・テンプターズのボーカリストとして17歳でデビュー。1970年のグループ解散後、主演を務めた1972年の「約束」での演技が評価され、以後個性派俳優としての道を歩む。ドラマ「太陽にほえろ!」「前略おふくろ様」「傷だらけの天使」などで話題を集めたほか、数々の映画にも出演した。神代辰巳とは「青春の蹉跌」「アフリカの光」「恋文」など5本の映画でタッグを組んだほか、野村芳太郎の「八つ墓村」、黒澤明の「影武者」などでも存在感を示した。

オスカープロモーションによると、2011年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表は控えていた。容体が急変し、妻に看取られて息を引きとった。故人の遺志により、葬儀は家族のみで営まれ、27日に都内の斎場でだびに付された。

妻である萩原理加は「生前に、お世話になりました仕事関係の皆様、ファンの皆様に、心よりお礼申し上げます。これまで、本人の強い意向により、病のことは公表せずに参りました。最後は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠る様に息をひきとりました。今はまだ、心の整理がついておりませんので、皆様、どうかご理解頂けると幸いと存じます」とコメントを発表している。

アプリで読む