Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Wiiii [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons

原美術館が2020年12月末をもって閉館 建物の老朽化などにより

CINRA.NET

18/11/22(木) 11:55

東京・品川の原美術館が2020年12月末をもって閉館することが発表された。

1979年に設立された原美術館は、公益財団法人アルカンシエール美術財団の理事長・原俊夫の祖父である実業家・原邦造の邸宅として1938年に竣工した建物を再生利用した施設。創立以来、改修や増築を重ねたものの竣工から80年を経て建物の老朽化が進み、今後、美術館として一般公開するには適さない状況に至ると予想されるという。

またユニバーサルデザインやバリアフリーの観点からも看過できない問題があり、建て替えには法規制上の制約なども課される状況をふまえて検討した結果、原美術館を閉館し、活動拠点を現在の「ハラ ミュージアム アーク」改め「原美術館ARC」に集約することが決定されたとのこと。

ハラ ミュージアム アークは1988年に群馬・渋川に設立され、建物の設計は建築家の磯崎新が手掛けている。2008年には東洋古美術の「原六郎コレクション」を紹介する特別展示室「觀海庵」を増築。今年30周年を迎えた。公益財団法人アルカンシエール美術財団は、2021年からハラ ミュージアム アークを原美術館ARCに改称し、同館を唯一の拠点として引き続き活動していく。

原美術館では現在『リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」』展を開催中。2019年は『ソフィ カル―限局性激痛 原美術館コレクションより』、崔在銀の構想による『未来の過去(仮題)』、加藤泉の個展などの展覧会を予定している。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play