Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“変わり者” ウディ・ハレルソン、 “変な一面”活かし主演に 『記者たち』新場面写真公開

リアルサウンド

19/2/26(火) 11:00

 3月29日公開の映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』の新場面写真が公開された。

参考:『スリー・ビルボード』が描く、善悪混淆と人間の多面性

 『スタンド・バイ・ミー』『最高の人生の見つけ方』のロブ・ライナーが監督を務めた本作は、イラク戦争の大義名分である“大量破壊兵器”の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描く物語。2002年、米ブッシュ大統領はイラクが核兵器をはじめとする大量破壊兵器を開発及び保持していると非難。アメリカ国内でも愛国心が強まり、イラクへの侵攻が始まろうとしていた。地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシントン支局で働く記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、政府の発する情報に疑問を持ち、証拠を探り真実を暴こうと取材を続けていく。

 『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンと『X-MEN』のジェームズ・マースデンがナイト・リッダー社の記者たちを演じ、元従軍記者のベテランジャーナリストをオスカー俳優トミー・リー・ジョーンズが熱演。さらには、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビールらが脇を固め、ライナー監督自身もナイト・リッダー社ワシントン支局長として出演している。

 ハレルソン演じる実在の記者ジョナサン・ランデーは、ナイト・リッダー社で国家安全保障担当の特派員としてアフガニスタンやイラクを取材し、現地の様子を人々に伝えようと正義感に燃える熱い性格の持ち主。外交担当の記者ウォーレン・ストロベルと共にアメリカ政府の疑惑を追っていく。

 公開された写真では、ハレルソン演じるランデーが記者らしからぬバイクウェアでオフィスにいる様子や、アフガニスタンの米軍キャンプでギターを持つ姿、妻ヴラトカから身を案じられるシーンなどが切り取られている。前作『LBJ ケネディの意志を継いだ男』に続き彼を主役に抜擢したライナー監督は、「キャスティングを考えたとき、まずウディが思い浮かんだ。ランデーはちょっと変わっているんだけど、彼にもそういう変な一面がある。一番に連絡したら、すぐに参加すると言ってくれたんだ!」とコメントした。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える