Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ドラマ25『サ道』」のポスタービジュアル。左から、磯村勇斗、ネプチューン原田、三宅弘城。 (c)「サ道」製作委員会

ネプチューン原田、サウナ伝道ドラマ「サ道」で主演「ととのっていただけたら」

ナタリー

19/5/16(木) 12:28

7月クールに連続ドラマ「ドラマ25『サ道』」(テレビ東京系)がスタートし、ネプチューン原田が主演を務める。

これはマンガ家のタナカカツキが自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方、マナーなどを描いた“サウナの伝道マンガ”「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」(講談社モーニングKC)のドラマ化。原田は、伝説のサウナー・蒸しZを追って全国を旅するフリーランスのクリエイター・ナカタアツロウ役を演じる。

偶然さん役は三宅弘城、イケメン蒸し男(むしお)役は磯村勇斗で、彼ら3名のレギュラーメンバーのサウナにまつわる会話をベースに、主人公のナカタが全国各地で“サ道”に邁進していく。なお蒸しZ役を務めるのは宅麻伸。「サウナーなら誰もが会いたい」とされる“サウナ界の重鎮”も続々登場する予定だ。

番組制作に際しての目標は“サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ”。キャストもスタッフも実際にサウナ好きで、撮影現場でもサウナトークが繰り広げられているという。原田は「是非、このドラマを見てととのっていただけたら嬉しいです」と、サウナを楽しむ人たちの間で使われる用語「ととのう」を交えてコメントしている。

なお原作の「サ道」は本日5月16日発売の「モーニング」(講談社)で連載が再開された。

ネプチューン原田 コメント

なんで、サウナを好きなのか? 正直、自分でも今ひとつ分からない。ただ夜になるとサウナに行きたくてウズウズする。そんな不思議な魅力を持つサウナの教科書みたいな漫画「サ道」がドラマになります。是非、このドラマを見て“ととのって”いただけたら嬉しいです。

──サウナとは?

夜になると行きたくてウズウズする場所。

タナカカツキ コメント

サウナの素晴らしさを世に伝える日本のサウナ大使、そしてマンガ家のタナカカツキです。かねてよりサウナのあの恍惚の世界が、音と映像で表現されたならば、どんなに話が早いだろうと願っておりました。そんな折、絶大なる信頼を寄せているプロデューサーの五箇さんから、ドラマ化のお話を頂き、ついにその時が来た!と早々に感慨に浸りました。キャスト、スタッフ全員が当代きってのガチサウナーたち、ネームリストを見ただけでととのいました。多くの方々とサウナの楽しみを共有できることに喜びを感じております。

──サウナとは?

大自然、宇宙との遊び。

ドラマ25「サ道」ストーリー

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)はサウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、 ある日謎の男「蒸しZ」(宅麻伸) に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。

偶然さん(三宅弘城)やイケメン蒸し男(磯村勇斗)など個性的なサウナ仲間との会話をベースに、都内のほか、各地の人気施設を訪れ、「サウナとは」「ととのうとは」を追究。サウナーなら誰もが会いたい、 サウナ界の重鎮も続々登場。

ドラマ25「サ道」

テレビ東京系 2019年7月スタート 毎週金曜深夜24:52~25:23
<出演者>
ネプチューン原田 / 三宅弘城 / 磯村勇斗 / 宅麻伸

アプリで読む