Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

金城武、長澤まさみ、チャン・ツィイーらが共演 ジョン・ウー監督『The Crossing』日本公開決定

リアルサウンド

19/3/13(水) 5:00

 金城武、チャン・ツィイー、長澤まさみらが共演した映画『The Crossing(原題)』が、『The Crossing -ザ・クロッシング- Part1,2』の邦題で、6月7日より日本公開されることが決定した。

参考:長澤まさみの堂々たるヒロインぶり 『マスカレード・ホテル』には全魅力が結集

 本作は、『男たちの挽歌』『レッドクリフ』『ミッション:インポッシブル2』などのジョン・ウーがメガホンを取り、金城、チャン・ツィイー、ソン・ヘギョ、長澤ら、日中韓の豪華キャストが集結した大河ロマン。3組の男女の出会いと別れ、移りゆく愛の物語を、国民党(蒋介石)と共産党(毛沢東)との対立が最も激化した、1945年国共内戦を舞台に描く。

 本作に対し、「中国と台湾両岸の想いを込めた作品を作りたいと思っていた」と、特別な想い入れがあることを語るジョン・ウー監督。『グリーン・デスティニー』の脚本家ワン・ホエリンの原案を基に、前後編に渡る壮大な大河ロマンスを構築、総製作費76億円をかけ仕上げた。

 前編は戦争と時代に翻弄されながらも、命を燃やし・愛を貫いた3組の男女を描き、後編では1,000人近い乗組員、乗客が犠牲になった上海発・台湾行きの大型客船「太平輪号沈没事件」を軸に、客船に乗り合わせた男女それぞれの運命がやがて交差していく。

 ジョン・ウー監督は、日本公開決定を受け「不穏な時代ほど愛の偉大さが際立つ。本作で中国と台湾の両岸の思いを伝えられたらと思います」とコメントした。