Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

人や動物たちが混乱の渦の中に巻き込まれていく タル・ベーラ監督作『サタンタンゴ』予告編

リアルサウンド

19/6/13(木) 10:00

  9月13日よりシアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開される『サタンタンゴ』4Kデジタルレストア版より、予告編が公開された。

参考:タル・ベーラ『サタンタンゴ』4Kデジタルレストア版、ポスタービジュアル公開 公開日は9月13日に

 本作は、『ニーチェの馬』『ヴェルクマイスター・ハーモニー』のタル・ベーラ監督が足かけ4年の歳月をかけて完成させ1994年に発表した、7時間18分に及ぶ長大な物語。ハンガリーのある村を舞台に、死んだはずの男イリミアーシュが帰ってきたことによって巻き起こる騒動を、全編約150カットという驚異的な長回しで描く。今回は、35ミリフィルムにこだわり続けてきたベーラ監督が初めて許可した4Kデジタル・レストア版での公開となる。

 このたび公開された予告編は、マーティン・スコセッシによる「『サタンタンゴ』は心の中で反芻し続けることのできる真の映画体験である」という絶賛評からはじまる。荒々しい風、どこからか鳴り響く鐘の音や、牛の鳴き声、オルガンの音や喚く男などの不穏な音に合わせて、モノクロームの映像の中で人や動物たちが混乱の渦の中に巻き込まれていく。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む