Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

坊や哲・斎藤工が未来へ 白石和彌監督『麻雀放浪記2020』特報公開

CINRA.NET

19/1/18(金) 6:00

映画『麻雀放浪記2020』の特報が公開された。

4月5日から公開される『麻雀放浪記2020』は、戦後復興期のドヤ街を舞台に、賭博麻雀を題材にした阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』が原案。東京オリンピックが中止になり、失業者と老人が溢れる2020年を舞台に、1945年からやってきた主人公・坊や哲らの麻雀での死闘を描く。坊や哲役に斎藤工がキャスティング。監督は白石和彌が務めた。

特報映像は、焼け野原となった戦後の東京を彷徨う坊や哲の後ろ姿で始まる。「OXCL」と書かれた看板や男たちが博打をする様子に加え、「ここはどこだ」というセリフと共に2020年の東京に場面が変わり、光に包まれる謎の闘技場や朽ち果てた東京オリンピックのポスター、死亡事件を報じる新聞記事、アンドロイドの眼、麻雀牌を手にする坊や哲の姿などが映し出される。さらに「これでいいのか、ニッポン」というコピーも確認できる。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える