Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

THE FOREVER YOUNGの歌は“俺の歌”であり“私の歌”である ライブに感じた説得力

リアルサウンド

19/7/12(金) 17:00

 THE FOREVER YOUNGが、3rdシングル&DVD作品『ミッドナイトライナー』の発売記念ライブ『ミッドナイトライナー東京行き』を、東京・渋谷TSUTAYA O-WESTで行った。

 ゲストにlocofrank、OVER ARM THROW(OAT)という、THE FOREVER YOUNGが背中を見てきた先輩たちを招いたという意味でも大きな意味を持つ日となり、会場は堂々たる大入り満員。それでも、トップバッターとして登場した“ライブ連戦の猛者”とも言えるlocofrankの木下正行(Vo/Ba)に、「今日がツアーファイナルって、ツアー2本しかやっていない!」と厳しい突っ込みを入れられていた(もう1本は、地元である福岡県久留米市で開催)。しかも、locofrankは名曲ばかりを鍛えられた演奏で容赦なく披露。続くOVER ARM THROWも、力まずともブレない黄金の3ピースサウンドを見せつける。こんな飽くなき進化を続ける先輩たちのパフォーマンス後に、THE FOREVER YOUNGはどう出てくるのか……若干の緊張を覚えつつも、それでも2バンドともいつも以上に熱かったのは(特にOATの鈴野洋平(Ba/Cho)のMCは人間味出まくりだった)THE FOREVER YOUNGに引っ張られたところもあるかもしれない、と思えたり。キャリア関係なしに、お互いに影響を与え合うバンドシーンの美しい縮図が、短い時間の中で見えた気がした。

 そして、いよいよTHE FOREVER YOUNGの出番。サポートギターにリョウを迎えた4人編成で登場し、1曲目から『ミッドナイトライナー』収録のシンガロングチューン「泣けよ男だろ」を熱演。曲名のままに男臭い楽曲であり、実際にフロアでは男の子たちが拳をあげながら熱唱していたのだが、その中には想像以上に女の子の姿も見えた。個人的な見解だが、多くの女の子は、時代の流れをキャッチするセンスに長けていて、多くの男の子は、気に入ったものを地道に愛し続けていく傾向があると思う。その、どちらも惹き付けているTHE FOREVER YOUNGは、“シーンに根を張りながら世の中に広まっていく”道を、確実に進み始めていることが、早くも伝わってきた。

 もちろんバンドからも、それだけオーディエンスが惹き付けられる説得力を感じた。先日行ったインタビュー(THE FOREVER YOUNGが語る、新体制後の変化「どこかに嘘があったら絶対に人に伝わらない」)でも「バンド全体が変わってきた」という発言があったが、数年前に観た時とは、佇まいが違う。以前の彼らは“情けなさ”も魅力だったと思うのだが、今の彼らはカリスマ性や色気という新たな武器を手に入れており、さらに抜きん出た存在になっていく予感に満ちている。特にクニタケヒロキ(Vo/Ba)の目の光は、只者ではないと思う。

 このように、彼らがステージに上がるとスイッチが入るバンドであることは間違いないのだが、それでいて、オーディエンスと同じ目線でい続けているところが、また貴重であり素晴らしい。その象徴として、彼らのライブでは、ステージにオーディエンスが上がってくるのだ。この日は3曲目の「I WANNA BE SHINE」から、ダイブに留まらず、オーディエンスがステージに上がり、踊り、マイクで歌うという、自由過ぎる展開に。こちらはついつい、機材のトラブルなどを心配してしまうのだが、バンド自身は慣れたもの。オガワリョウタ(Dr)は立ってドラムを叩いたり、タカノジュンスケ(Gt)は弾かずに叫んだり、その時々で、臨機応変に感情を表現していた。

 またオーディエンスも、みんながみんなダイブするキッズというわけではなく、後ろの方で涙しているスーツ姿の男性や、温かいまなざしで口ずさんでいる女性など、様々なタイプの人がいた。年齢や性別や楽しみ方が違っても、バンドの「青春を終わらせない」というメッセージに共感する人が、こんなにもたくさんいるんだということがわかって、グッときた。

 迫力あるパフォーマンスから一転、MCになると「疲れてない?」と優しい素顔を見せるクニタケが、「絶望を消してやるけん」と久留米訛りで呼びかけて始まったのは「ミッドナイトライナー」。クニタケは歌わず、メンバーとオーディエンスのシンガロングのみが響き渡る一幕も。一人ひとりが「俺の歌」「私の歌」と思って歌っていることが伝わってきた。そして本編は、カオティックな中にも笑顔が溢れた「チュウベイビー」で締め括られた。

 しかし、まだまだ帰りたくないオーディエンスの声に応えて、バンドは再登場。そしてクニタケが「俺ら、9月11日にアルバムを出します!」と宣言すると、大歓声が! そこからのアンコールとなり、オガワの頭に巻いたタオルがずれ落ちてきたところを、locofrankのTatsuya(Dr/Cho)が直してあげたり、クニタケがベースをリョウに託して客席にダイブしたりといった名場面を見せつつ、バンドはステージを降りた。

 それでも、なおフロアから熱狂的な声が沸き上がり、ダブルアンコールへ突入! 最後は、locofrankの木下、Tatsuya、森勇介(Gt/Cho)、そしてOATの菊池信也(Vo/Gt)が楽器を鳴らすという粋な計らいで、THE FOREVER YOUNG全員が客席へダイブ! 木下が「THE FOREVER YOUNGに拍手を!」と呼びかけると、会場は万雷の拍手で埋め尽くされた。

 これから、もっとたくさんの人が、THE FOREVER YOUNGの歌を「俺の歌」「私の歌」と思うようになっていくに違いない。そう確信させられる、可能性に満ちたライブだった。

(写真=浅井 千賀子)

■高橋美穂
仙台市出身のライター。㈱ロッキング・オンにて、ロッキング・オン・ジャパンやロック・イン・ジャパン・フェスティバルに携わった後、独立。音楽誌、音楽サイトを中心に、ライヴハウス育ちのアンテナを生かしてバンドを追い掛け続けている。一児の母。

THE FOREVER YOUNG オフィシャルサイト

アプリで読む