Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

志尊淳

志尊淳が主演ドラマ「潤一」携えカンヌへ、「フランスの方々の感想を聞きたい」

ナタリー

19/4/8(月) 5:00

ドラマ「潤一」で主演を務めた志尊淳が、フランス現地時間4月7日、ドラマの祭典フランス・カンヌ国際シリーズフェスティバル「CANNESERIES=Cannes International Series Festival」に出席した。

井上荒野の小説を原作とする本作は、女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一が主人公の物語。同フェスティバルのコンペティション部門に日本作品として初めて正式出品された。志尊は共演者の藤井美菜、監督の北原栄治と広瀬奈々子、プロデューサーの河村光庸とともに上映会に参加。そして会場の前に敷き詰められたピンクカーペットへ降り立って、海外メディアのインタビューやフォトセッションに応じた。

志尊は「作品を撮っているときはこのようになるとは思っておらず、とにかく全員で1つの作品を作ることに徹していたのでキャストやスタッフの皆さんの熱意がこのような形となり感謝でいっぱいです」と率直な心境を明かし、「この作品は捉え方によってはいろいろな面があるので、フランスの方々の感想を聞いてみたいです」と上映後の反響に期待する。さらに「フランスまで来れたので、北原監督のオススメフランス料理が食べたいです(笑)」とにこやかに語った。

北原と是枝裕和が企画、砂田麻美が脚本を担当した「潤一」は、7月に関西テレビでオンエア。その後日本映画専門チャンネルでも放送を予定している。

(c)2019「潤一」製作委員会

アプリで読む