Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『SUITS/スーツ』は月9史に何を残すのか? 織田裕二が演じてきた“ヒーロー”とともに考える

リアルサウンド

18/10/15(月) 6:00

 「その喪服だけど、二度とそんな安物は着てくるな」と言って、甲斐正午(織田裕二)は、鈴木大貴(中島裕翔)にスーツ代を渡す。10月8日に放送された『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)第1話での一幕である。『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の青島俊作の着こなしを見て、甲斐は一体何と言うだろうか?

参考:織田裕二、10年ぶり“月9”で貫禄見せつける 『SUITS/スーツ』は“弁護士モノ”ヒットに続く?

 主人公の甲斐正午は、敏腕のエリート弁護士なだけあって、服装に限らず立ち居振る舞いに至るまで洗練されている。連続ドラマでは『振り返れば奴がいる』『踊る大捜査線』『外交官 黒田康作』(いずれもフジテレビ系)、『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)など、広い意味でのヒーローを数々演じてきた織田裕二であるが、甲斐正午もまた、そんな織田が主演を務めた作品史に刻まれるキャラクターとなりそうだ。

 ただ、織田裕二が演じる主人公と言っても実に様々だ。例えば、『振り返れば奴がいる』では石黒賢が演じる外科医・石川と、『踊る大捜査線』では柳葉敏郎が演じる警察庁の室井と、それぞれのドラマの中で織田が演じるキャラクターは対立してきた。ただ、今回の『SUITS/スーツ』では、上司の幸村(鈴木保奈美)から仕事のことで口を挟まれたり、同僚の蟹江(小手伸也)からライバル視されたりはするものの、いわば、“同僚や組織の人間と対立する”タイプの織田裕二は、第1話の時点ではあまり見受けられなかった。

 むしろ甲斐はどこかクールで、余裕を感じさせる。弁護士として幾度となく困難を潜り抜けてきた自負もあるのだろう。あからさまに自分の弱さを出さない。確かに第1話で、甲斐は重要なメールを隠蔽したことで、一時、弁護士の世界にいられなくなるかもしれないというピンチに遭遇した。それでもどうにか、使える人間や情報を駆使することで、巧みに修羅場をくぐり抜けた。あまり多くのしがらみは持たずに、ひょうひょうとしている主人公で言えば、『IQ246』の法門寺沙羅駆もそうだった。沙羅駆もまた、宿敵のマリア・T(中谷美紀)との対決で追い込まれることはあったが、警察が取り扱う事件はあくまで“退屈しのぎ”として次々に解決していく。どちらの作品でも、青島のようにヨレヨレの服装で汗水流し、時に泥臭く駆け回るような“ヒーロー”ではなかった。「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」というのは、青島俊作がフジテレビの映画史に残した名言の一つであるが、“現場”であくせく奮闘する織田裕二とはかけ離れた姿も、長年のキャリアを感じさせ、貫禄たっぷりだ。

 さて、本作は弁護士が主人公のドラマということであるが、『リーガルハイ』(フジテレビ系)の古美門研介しかり、『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の深山大翔しかり、とりわけ昨今の弁護士ドラマの主人公は、ちょっと変わった性格を持ち合わせていることが多い。ユーモラスでありながら、思ったことははっきり言うことが多いため、(特にパートナーの弁護士に対して)しばしば辛口なことを言う。その点、甲斐正午も、ある意味クセのある役どころであると言えよう。甲斐の秘書・伽耶子(中村アン)の台詞を借りれば、甲斐正午という弁護士は、“自信家で、皮肉屋で、相手の弱みを見つけたら立ち直れなくなるまで殴り続ける”タイプの人間なのだ。

 一風変わった主人公に振り回され、時にツッコミをいれたりするのが、パートナーの存在である。『リーガルハイ』の新垣結衣、『99.9』の榮倉奈々や木村文乃がそれに当たり、今回の『SUITS/スーツ』では、そのワトソン役を中島裕翔が務める。第1話からいきなり、鈴木大輔という一文字違いの別人となって事務所で働けと言い渡され、始めは戸惑う大貴であったが、後ろめたい仕事から足を洗いたかったことや、祖母のこともあって、とりあえずは甲斐の指示通りに動くことになった。そんな大貴とともにコンビで活動していく中で、甲斐がどのような成長をみせるのかも本作の見どころの一つと言えよう。平成の終わりに、織田裕二はどんな金字塔を月9史に築きあげるのだろうか?(國重駿平)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play