Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「X-MEN:ダーク・フェニックス」吹替声優スペシャルトークイベントの様子。左から内田夕夜、三木眞一郎。

「X-MEN」最終章に内田夕夜が「寂しいです」、三木眞一郎は心に残った演技語る

ナタリー

19/6/20(木) 21:12

「X-MEN:ダーク・フェニックス」の吹替声優スペシャルトークイベントが本日6月20日に東京・TOHOシネマズ 新宿で開催され、日本語吹替キャストの内田夕夜と三木眞一郎が登壇した。

サイモン・キンバーグが監督を務めた本作では、事故がきっかけで悪の人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまったジーン・グレイとX-MENの戦いが描かれる。内田がプロフェッサーX、三木がマグニートーに声を当てた。

本作は「X-MEN」シリーズ最終章にあたることから内田は「正直に言って寂しいですね。もう二度とこの役をやれないんだなと思う反面、いい終わり方ができたなと思いました」と思いを述べる。同様に「寂しい思いでいっぱいです」と語った三木は、МCを務めた杉山すぴ豊からアニメ版の「X-MEN」でセンチネル役を担当していたことを紹介されると、「そう! 僕センチネルもやってたんですよ。声が加工されすぎて誰だかわからなくなってますけど」と笑った。

続いて杉山は、シリーズの魅力を2人に質問。三木は「X-MENの人たちがどこかにいそう、と思わせてくれることですね。1人ひとりが抱えているものが、僕たちの生活に置き換えて考えられる部分にも共感できます」と述懐する。内田は「なんと言ってもまずかっこいい!」と声を弾ませ「男の子が小さい頃に必ず憧れますし、彼らのヒューマンドラマが背景にちゃんとある。古い作品には次の作品への前ふりもあるし、ほかの作品にもつながるポイントがあって、観れば観るほど深いと思えるところがいいですね」と愛着をうかがわせた。

これまで自身が参加してきたシリーズの中で一番好きなセリフを問われると、内田は「君はここで君自身より大きなものの一部になれる」とプロフェッサーXの声音で回答。「いいセリフだなあと思いました。X-MENのみんなって孤独だと思うんですけど、そのままの自分で対抗していくよりも、自分よりも大きなものになれると話すところがプロフェッサーXっぽいなと思いました」と理由を説明した。一方の三木は明確なセリフではないものの、マグニートーの叫び声が心に残っているようで「いいセリフではないんですけど、僕にはとても刺さっているんです」と語り、杉山から実演を求められると「いや、あの叫び声はもう無理です!」と恐縮する。

イベントでは、2人のサイン入りポスターや原作本が当たる抽選会も行われた。最後に三木は「声優祭りになっておりますので、安心して日本語吹替版を観てください!」とアピールし、内田も「安心して観られます! 最後のX-MENを劇場で観られるチャンスなのでよろしくお願いします」と語りかけた。

「X-MEN:ダーク・フェニックス」は、明日6月21日より全国ロードショー。

(c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

アプリで読む