Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

調布舞台の映画企画で『カメ止め』『万引き家族』など上映&鈴木敏夫ら登壇

CINRA.NET

19/2/15(金) 21:00

上映イベント『映画のまち調布 シネマフェスティバル2019』が、2月16日から東京・調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布で開催される。

「つくる」「楽しむ」「学ぶ」をコンセプトに据えた同イベント。ゲストによるトークが行なわれる映画上映会をはじめ、展示、ワークショップなどを約1か月にわたって実施するほか、3月2日には市民投票でノミネートされた作品の中から受賞者・作品を決定する『第1回映画のまちの調布賞』の授賞式を開催する。

上映作品には『第1回映画のまちの調布賞』作品賞を受賞した『万引き家族』をはじめ、『カメラを止めるな!』『DESTINY 鎌倉ものがたり』『モリのいる場所』『ちはやふる -結び-』『風の谷のナウシカ』『グレイテスト・ショーマン』『終わった人』『羊と鋼の森』などが並ぶ。関連企画として、大楠道代と鈴木敏夫の対談、無声映画『鞍馬天狗』の弁士付き上映、『第14回高校生フィルムコンテストin映画のまち調布最優秀賞受賞作品上映会』などを予定している。

トークゲストには『終わった人』の中田秀夫監督や、『羊と鋼の森』の橋本光二郎監督、『モリのいる場所』の沖田修一監督、『ちはやふる -結び-』の小泉徳宏監督、『カメラを止めるな!』キャストの濱津隆之、真魚、しゅはまはるみらが名を連ねる。

また、『ウルトラマン』の小道具などが展示される『映画のまち調布展』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』の衣装などを紹介する『CINE_WORKS展―映画制作の世界―』、撮影スタジオを再現したコーナー『ボクらのたづくりスタジオ!』、映画のセット図面や台本といった資料を展開する『映画の図書展―出張!映画資料室―』、有馬美梨、金子昇馬、木ノ瀬佳子による音楽ライブなどがラインナップ。

詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

アプリで読む