Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

長渕剛

長渕剛、約20年ぶりの主演映画「太陽の家」製作決定!2020年公開

ナタリー

19/3/28(木) 10:00

長渕剛が主演を務める「太陽の家」の製作が決定。2020年に公開される。

デビュー40周年を迎えた長渕が1999年公開の主演作「英二」以来、約20年ぶりに映画出演を果たす「太陽の家」。本作では、実直な1人の男の愛が不器用で臆病な少年の心を成長させていくさまが描かれる。長渕が演じるのは神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾。サングラスに強面でやんちゃな性格だが義理人情に厚い彼は、ある日出会ったシングルマザー・池田芽衣とその息子・龍生のために家を建てることに。少々強引な川崎にも徐々に心を開いていく龍生だったが、ある日、龍生の父親だと名乗る男が現れる。

監督は「アラグレ」シリーズやドラマ「相棒」シリーズの権野元。「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の江良至が脚本を手がけた。権野は、長渕との仕事に「最初の瞬間は緊張に膝が震えました。ですが実際お会いして、共に時間を過ごし、色々と綿密に様々な事を語り合っていく中で、確実にその震えは武者震いに変わっていきました」とコメント。さらに「その私が感じた強烈な長渕さんのエネルギーは、この『太陽の家』の重要な礎となっています。後は長渕さんを始めとする魅力的なキャスト、そしてスタッフと一丸となり、観客の皆さんの心を震わすべく、この『太陽の家』を丁寧に大胆に建ち上げるだけです。ご期待ください!」と語っている。

「太陽の家」は4月1日にクランクイン。なお明日3月29日には、GYAO!の特設ページ「長渕剛40周年特集」にて、長渕のインタビュー映像が解禁される。

(c)2019映画「太陽の家」製作委員会

アプリで読む