Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

CINRA.NET

18/11/15(木) 11:30

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の本編映像が公開された。

明日11月16日から公開される同作は、ブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが自身の母親との関係を綴った同名コミックエッセイの実写映画版。映画では社会人のタイジが友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年間も関係を絶っていた母・光子と向き合い、母の愛を取り戻そうとする様を描く。主人公のタイジ役に太賀、光子役に吉田羊がキャスティング。

今回公開されたのは、タイジが重い口を開き、辛い過去と自らの過ちを友人たちに打ち明けた直後のシーン。秋月三佳演じるタイジの同僚カナと白石隼也演じるカナの恋人の大将がタイジを抱きしめるように飛びついてじゃれつく場面や、森崎ウィン演じるキミツが3人に「こっち向いて」とカメラを構える様子、「どうやって笑っていいかわかんなくなっちゃった」と涙を浮かべるタイジの姿などが映し出されている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play