Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から藤田俊太郎、ヴァイオレット役のカイザ・ハマーランド。

藤田俊太郎演出「VIOLET」イギリスの演劇賞で5部門にノミネート

ナタリー

19/2/12(火) 16:27

藤田俊太郎が演出を手がけるミュージカル「VIOLET」のイギリス・ロンドン公演が、同国の演劇賞オフ・ウエストエンド・シアター・アワードで5部門にノミネートされた。

ミュージカル「VIOLET」は、梅田芸術劇場とイギリス・ロンドンのチャリングクロス劇場による共同プロデュース公演第1弾。同プロジェクトでは、日本とイギリスが共同で企画・制作した公演を、演出家と演出プランはそのままに、“英国キャスト版”と“日本キャスト版”として各国の劇場で上演する。

本作がノミネートされたのは、ミュージカル作品賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞の5部門。来年2020年1月にノミネーションの中から最終候補が選ばれ、翌2月に最優秀賞が決定される。この報を受け、藤田は「この度、『オフ・ウエストエンド・シアター・アワード』に5部門ノミネートして頂きました。多くの方にこの作品を観ていただける喜びを噛み締めています。4/6までの上演です。是非チャリングクロス劇場へこの美しい旅を体験しに来てください。来春の日本版公演も楽しみにして頂きたいです」とコメントした。

ロンドンでの“英国キャスト版”の公演は4月6日まで行われ、来年20年春には“日本キャスト版”の公演が実施される。なお3月12日には、単身渡英し滞在制作を行った藤田に密着した番組が、NHK BS1にて放送される予定だ。

梅田芸術劇場×チャリングクロス劇場 日英共同プロジェクト ミュージカル「VIOLET」

プレビュー公演

2019年1月14日(月・祝)~19日(土)※公演終了
イギリス ロンドン チャリングクロス劇場

本公演

2019年1月21日(月)~4月6日(土)
イギリス ロンドン チャリングクロス劇場

原作:ドリス・ベッツ「The ugliest pilgrim」
脚本・歌詞:ブライアン・クロウリー
演出:藤田俊太郎
音楽:ジニーン・テソーリ
プロダクション・スーパーバイザー:トム・サザーランド

キャスト

ヴァイオレット:カイザ・ハマーランド
ほか

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える