Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

聴こえない音を表現する南村千里の公演『光の音:影の音』に伊藤キムら

CINRA.NET

18/11/17(土) 17:00

公演『光の音:影の音 ―耳だけで聞くものなのか―』が、12月7日から東京・池袋のあうるすぽっとで上演される。

同公演は、生後7か月で聴力を失い、現在はロンドンを拠点に世界40都市以上で活動するダンスアーティストの南村千里の最新作。「視覚的に音を表現する可能性」を追求している南村千里は、2012年のロンドン・パラリンピックの開会式にもパフォーマーとして登場した。

『光の音:影の音 ―耳だけで聞くものなのか―』はアーティスティックディレクターを南村千里が務めるほか、伊藤キム、捩子ぴじん、aokidらが出演。公演に向けてワークショップを重ねたという4人が、手話や字幕も舞台を彩るアイテムとして用い、「きこえない音」を描き出す。

照明を佐々木真喜子、音響を佐藤こうじ、映像を須藤崇規、衣裳を田村香織、舞台監督を西川也寸志、手話通訳を橋本一郎がそれぞれ担当。チケットは現在販売中だ。

なお同公演は『東京芸術祭2018』の事業『としま国際アート・カルチャー都市発信プログラム』内のプログラムとなる。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play