Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会

玉城ティナ「いっぺん、死んでみる?」 実写『地獄少女』特報&ポスター

CINRA.NET

19/7/1(月) 5:00

実写映画『地獄少女』の公開日が11月15日に決定。あわせて特報映像とポスタービジュアルが公開された。

同作は、2005年にオリジナルアニメとして放送されて以降、コミカライズをはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、パチンコ、パチスロなど様々なメディアミックスを展開している『地獄少女』の実写映画版。

女子高生の市川美保は親友の南條遥と共にアーティスト魔鬼のライブのオーディションを受けるが、魔鬼が遥をライブで行なう「儀式」の生贄にしようとしていることを知り、24:00にだけ開き、依頼すると地獄少女が恨みを晴らしてくれるというサイト「地獄通信」にアクセスするというあらすじだ。

主人公の閻魔あいこと地獄少女役を玉城ティナが演じるほか、閻魔あいの使い魔「三藁」として骨女役に橋本マナミ、一目連役に楽駆、輪入道役に麿赤兒、女子高生・市川美保役に森七菜、美保の親友・南條遥役に仁村紗和、インディーズアイドル御厨早苗役に大場美奈(SKE48)がキャスティングされている。

特報映像では玉城ティナ演じる閻魔あいの姿や、「いっぺん、死んでみる?」というあいのセリフはじめ、美保や早苗が「地獄通信」にアクセスする様子などが確認できる。

ポスタービジュアルは赤い紐が結ばれた藁人形を持つ、閻魔あいの写真と、「午前0時――そのサイトにアクセスしてはならない。」というキャッチコピーが使用されたもの。

アプリで読む