Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Little Glee Monster、日々の研鑽で掴んだ憧れのステージ ブルーノート東京で魅せた特別な一夜

リアルサウンド

18/7/3(火) 20:00

 エリック・クラプトンをはじめ、世界のトップアーティストが出演してきたMTVの伝統番組『MTV Unplugged』に、Little Glee Monsterが史上最年少で出演。6月21日、東京・Blue Note Tokyoで収録が行われた。美しいハーモニーを武器に、ポップスからジャズ、ソウル、ファンクなど多彩なジャンルを歌いこなす彼女たちが、ジャズの名門でアコースティックライブを繰り広げるというこれ以上ない組み合わせ。抽選で選ばれた約200名の観客は、歴史に残る歌声に酔いしれた。

レジェンドアーティストと並ぶ快挙を達成

 全員黒のシックな出で立ちと、スウィングジャズ風のサウンドが、会場のラグジュアリーな雰囲気ともぴったりだった、1曲目「青春フォトグラフ」。軽快なリズムに乗せて、体を揺らしながら歌う5人は、肩を組んで記念写真を撮るようなポーズも決めた。そして「だから、ひとりじゃない」の後に続けて歌われた「明日へ」では、しっとりとしたピアノをメインにした力強いミディアムバラードを聴かせる。それぞれのボーカルの魅力が際立ち、ハーモニーの機微までくっきりと聴こえてくるのは、アンプラグドの演奏ならでは。5人は身振り手振りを交えながら情感をたっぷり込めて歌い、特に芹奈のソロから始まるオチサビは、まるで感情がこぼれ落ちるようにドラマチックだった。

 とにかく最初は、かなり緊張していた様子の5人。それもそのはずで、『MTV Unplugged』と言えば、1990年にスタートしたアコースティックライブの殿堂。Aerosmith、ポール・マッカートニー、スティングなど多くのレジェンド級アーティストが出演し、特にエリック・クラプトンの回が話題となって、90年代アコースティックブームの火付け役になったことでも知られる。

 日本版もすでに18年の歴史があり、第1回の宇多田ヒカルから始まり、布袋寅泰、加藤ミリヤ、JUJUなど35組が出演し、Little Glee Monsterで36組目となる。同様に会場に選ばれたBlue Note Tokyoも、1988年にオープンした、歴史のあるジャズクラブの殿堂だ。アメリカに本店を置くものの、ここBlue Note Tokyoにも、チック・コリア、ハービー・ハンコックをはじめとした、多くのジャズの巨人たちがステージに立った。そんな番組、そんな会場で、17歳から20歳の彼女たちが、まったく緊張しないわけがない。しかしLittle Glee Monsterも、全員が10代のうちに日本武道館公演を成功させるなど実力は折り紙付き。緊張から解き放たれた彼女たちは、徐々にその実力を発揮し、それこそモンスター級のライブパフォーマンスを繰り広げていった。

風格漂わせたハーモニーとパフォーマンス

 特に圧巻だったのは、中盤のジャズ/ソウル/ファンクのコーナーだ。ディズニー映画『ジャングルブック』のキャンペーンソングとして歌った「I WAN’NA BE LIKE YOU」は、5人がジャズに本格的にトライした最初の曲でもある。クリストファー・ウォーケンの原曲を聴き込み、本家の雰囲気をいかに壊さず歌うかに苦慮したと以前メンバーが話していた。細かいテクニックが凝縮されたスキャットや、迫力あるシャウトにはより磨きがかかり、序盤の緊張からは一転して歌声も表情も実に楽しそうだ。またファンキーなテイストの「Get Down」は、全編英語の歌詞で、レコーディングでもかなりこだわって何度も録り直した経緯がある楽曲。この日のボーカルは、音源よりもはるかにパワフルでエモーショナルに聴こえた。ダンスや振り付けを交え、リズミカルにステップを踏みながらハーモニーを響かせた5人。その様子は、もう何十年もこの箱に立っているような風格さえ漂わせていた。

 椅子に座って聴かせたコーナーは、エモーショナルな歌声で観客を惹きつけて聴き応えがあった。ほとんどピアノ1本と5人の声だけで聴かせた「ギュッと」は、より細部までニュアンスが伝わり、生々しく歌声が響いてくる。曲の後半、オルガンやバンドの音が加わると感動は倍増し、歌声に引き込まれた観客は、ただジッと聴き入った。かれんが、「1年以上歌ってなくて、久しぶりに歌う曲です」と紹介した「小さな恋が、終わった」は、2016年の1stアルバム『Colorful Monster』に収録されている曲。ピアノと歌から始まり、ミディアムバラードのような雰囲気がありながら、疾走感も持っている楽曲で、前向きさを持った歌声が胸に突き刺さるように届く。5人のハーモニー、息づかい、ニュアンス、一瞬たりとも聴き逃せまいといった感じだ。

新曲「世界はあなたに笑いかけている」も披露

 終盤は、かれんの合図で「a cappella Funk Medley」がスタート。Earth, Wind & Fireの「宇宙のファンタジー」をはじめ、星野源の「恋」や、マイケル・ジャクソン、ブルーノ・マーズなど、お馴染みの曲から名曲までが入り乱れ、ハーモニーで一本勝負といった雰囲気。そもそも名曲のアカペラカバーは彼女たちの十八番で、デビュー前には数多くの名曲をカバーした動画をネットにあげていた。そんなデビュー前を彷彿とさせつつも、絶妙な構成とコーラスワークからは、この5年弱で培ってきた成長と進化を感じさせた。

 8月1日にリリースする新曲「世界はあなたに笑いかけている」が、いち早く披露されたことも、ファンには嬉しかっただろう。かれんとMAYUが向かい合って歌う様子や、芹奈が軽やかにターンしながら笑顔を振りまく場面もあったりと、実に楽しい雰囲気の楽曲。かと思えば、manakaが手を挙げて力強く歌声を響かせ、アサヒが胸に手を当ててじっくり聴かせたりと、ハッピー感と楽しさだけではない、さまざまな感情が満載されていた。ラストでは、もはやLittle Glee Monsterの代名詞とも呼べる「Jupiter」を歌った。楽器のように狂いなく、ピタッと揃った音程と息づかい。5人の美しいハーモニーが会場に広がり、大きな歓声と感動が押し寄せる。しっかりと前を見据えた5人の眼差しは、何かを決意したような力強い光を灯していた。

 「全員の憧れのアーティストが出演したMTV Unplugged、そしてブルーノートという聖地に、まだ10代のうちに立てたことが幸せです」と話したmanaka。一般に親しみやすいJ-POPのフォーマットでハーモニーに磨きをかけてきたLittle Glee Monsterだが、ルーツの一端は懐かしい洋楽にある。育ってきた環境もあって幼いころから洋楽に慣れ親しみ、実際に洋楽のカバーも数多く手がけてきた。そんなルーツを感じて、昨年はEarth, Wind & Fireの日本公演にゲスト出演、アリアナ・グランデの日本公演にオープニングアクトとして出演した経験も持つ。

 そうしたことからも、この日の歴史的ライブは、彼女たちが幼いころから積み重ねてきた研鑽があればこそ、自ら引き寄せたものだったと言えるだろう。さらに芹奈とかれんが6月で20歳になり、女性としての魅力も少しずつ身につけ始めた彼女たちにとって、この会場は「もっとこの場に似合う雰囲気を持った、大人の女性になりたい」と憧れを強くしたはずだ。日々成長を続け、年齢を重ねていく彼女たちにとって、大事な布石となる一夜になったに違いない。

(文=榑林史章)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play