Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「FREE TIME, SHOW TIME『君の輝く夜に』」会見より。左から中島亜梨沙、安寿ミラ、稲垣吾郎、北村岳子。

「君の輝く夜に」本日開幕、稲垣吾郎「大人がみんなで一緒に遊んでいるよう」

ナタリー

18/8/3(金) 17:57

「FREE TIME, SHOW TIME『君の輝く夜に』」が本日8月3日に京都・京都劇場にて開幕。それに先駆けて同劇場で会見が行われた。

本作は、2012年、14年、16年にパルコ劇場にて稲垣吾郎主演で上演されたミュージカルコメディ「恋と音楽」シリーズのクリエイター陣が送るエンタテインメント作品。作・演出を劇団ラッパ屋の鈴木聡、音楽をジャズピアニストで作曲家の佐山雅弘が担当し、稲垣演じる1人の男と3人の女たちによる恋の物語が、歌やダンス、そしてジャズミュージシャンたちによる生演奏に乗せて描かれる。共演者には安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙が名を連ねた。

会見には出演者4人全員が出席。初日に向けて稲垣は「楽しみですね、とにかく。2年ぶりの舞台ですし、直にお客様とお会いして同じ時間を楽しむことができるのは舞台ならでは。楽しみで仕方ないです」と笑顔を見せる。安寿は「どんな舞台でも初日は緊張しますが、今回は特に出演者が4人しかいませんから、お互いに補い合いながら楽しんでいきたいです」と続ける。北村は「いよいよあとがないので(笑)、勢いを持って大人のショーに臨みたい」と意気込みを述べると、中島も「緊張していますが、お客様に楽しんでいただけるように、私も楽しんでがんばりたいです」と語った。

作品の見どころについて稲垣は「お芝居は2幕なのですが、間にショータイムがあります。今着ているこの衣装は、ショータイムの格好で。お芝居の幕の間にショータイムというのは経験したことがないし、ショータイムの内容もお芝居にリンクしていたりするので、そこも楽しんでもらえたら」と説明。また共演者たちに目をやり、「女性が燕尾服を着るのってよくないですか? 安寿さんの男装がまた見られるのもスペシャルですよね!」と安寿に話を振ると、安寿は「20数年ぶり……」と小声で明かし、会場からは歓声が上がる。さらに稲垣は、20曲以上の楽曲が劇中で披露されることに触れ、「皆さん、素敵なハーモニーなんです。男性1人で女性ボーカル3人はなかなかないのでそこも楽しんでいただけたら」と語った。

座長・稲垣の印象について、過去にも共演している北村が「お客さんが入ると、それによってどんどん変化していく方」と説明。安寿は「座長としては冷静な方で安心してついていける。柔軟性もおありなので、女同士でしゃべっているような感じがして……」と話すと、稲垣が「僕に男を感じませんか?」とツッコみ、安寿が「感じます、感じます!」と即答するなど、座組の仲の良さを感じさせる一幕も。稲垣は「スタッフの方もこれまで一緒にやって来ているメンバーだし、僕たち4人もすごく息が合っていて、大人が集まってみんなで一緒に遊んでいるような感じです」と充実したクリエーションだったことを語った。

公演は8月26日まで。また8月20日には同劇場にて「FREE TIME, SHOW TIME 寄席」も開催。こちらには桂吉弥、春風亭一之輔、神田松之丞が出演し、ピアノ演奏を佐山が務める。なおステージナタリーではこのあと、本作の舞台稽古の様子をレポートする。

「FREE TIME, SHOW TIME『君の輝く夜に』」

2018年8月3日(金)~26日(日)
京都府 京都劇場

作・演出:鈴木聡
音楽:佐山雅弘
出演:稲垣吾郎 / 安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙
演奏:佐山こうた(Pf)、高橋香織(Vln)、バカボン鈴木(B)、三好“3吉”功郎(G)、仙波清彦(Perc)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play