Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46「Sing Out!」発売記念ライブの様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

乃木坂46、盛大に「Sing Out!」響かせた横浜アリーナ3DAYS最終日

ナタリー

19/5/27(月) 0:00

乃木坂46が5月24~26日に神奈川・横浜アリーナにてニューシングル「Sing Out!」の発売記念ライブを行った。

5月29日に通算23枚目のシングル「Sing Out!」をリリースする乃木坂46は、約5年ぶりの横浜アリーナ単独公演としてこのライブを開催。初日にはアンダーメンバー、2日目には4期生、最終日には選抜メンバーが出演し、各日会場に集まった約1万5千人のファンを前に内容の異なるステージを繰り広げた。この記事では最終日である昨日26日公演の模様をレポートする。

「Overture」で会場の熱気が高まる中、ステージに登場した乃木坂46はニューシングルの表題曲「Sing Out!」をさっそく披露。場内には力強いクラップが響きわたり、センターを務める齋藤飛鳥のソロダンスでは歓声が沸き上がった。火柱の演出と共に「インフルエンサー」をパフォーマンスし、さらにファンをヒートアップさせたメンバーは、白石麻衣の「今日は私たちと最高にハッピーな時間を過ごしましょう!」という呼びかけを合図にアリーナの外周通路へ。会場後方のステージに移動しながら、客席の近くで「おいでシャンプー」を歌唱してファンを楽しませた。

最初のMCでは2014年2月に横浜アリーナで行われたデビュー2周年記念ライブを振り返りつつ、秋元真夏が「成長した姿を見せられるようにがんばりたいと思うので、楽しんでいってください!」と挨拶。前日の4期生ライブを観たという梅澤美波は「ものすごいエネルギーと伝えたいものがビシバシと響いて。加入当初を思い出して、すごくやる気に満ちあふれてきました」と語り、与田祐希は「お客さんとの距離が近くて明日楽しみだなと思ってたんですけど、いざお客さんの目の前で踊ると恥ずかしくなってきちゃって(笑)。今日の目標は照れずにライブをすることです。お客さんと、先に照れたほうが負けみたいな」と続けてファンを喜ばせた。また齋藤は、白石が出演した前日放送の日本テレビ系ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」を観たことを明かし、「今日はバッチリです。任せてください。昨日白石麻衣さんの、いや里見萌さんの授業を聞いたので(笑)。あれをちゃんと受け取って力に変えて放出します。あの授業は私のためだけのやつだから!(笑) 今センターだから何を言ってもいいと思ってるから(笑)」と話して会場に笑いを起こした。

和やかなトークが終わるとライブはユニット曲のブロックに突入し、最新アルバム「今が思い出になるまで」に収録されているユニット曲が連続で披露される。生田絵梨花、久保史緒里、桜井玲香が“婚活女子”をイメージしたウエディングドレス風の白い衣装でコミカルな楽曲「ぼっち党」を歌ったのに続き、2期生の北野日奈子、堀未央奈、渡辺みり愛がポップソング「ゴルゴンゾーラ」を、秋元、斉藤優里、白石、新内眞衣、高山一実が変則的なリズムのナンバー「頬杖をついては眠れない」をパフォーマンス。本公演をもって乃木坂46から卒業する斉藤は「頬杖をついては眠れない」を初披露できた喜びを露わにし、「私が卒業しても、私のところに誰かが入って続けてほしいな」と胸の内を述べた。

続けて乃木坂46はファンを煽りながらサマーソングを連発し、会場を盛り上げていく。「夏のFree&Easy」では客席上でカラフルなバルーンが弾む中、アリーナの外周を元気よく駆け抜け、「ガールズルール」ではサングラスや麦わら帽子を着用してパフォーマンス。「ジコチューで行こう!」の曲中にはセットが高く上昇するセンタステージに浴衣姿のメンバーが肩を寄せ合って座り、場内を夏らしい空気で満たした。次のMCでは昨年7月に東京・明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場で行われた「乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE」のライブBlu-ray / DVDが今年7月3日に発売されることが明らかになったほか、7月にスタートする全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019」の話題に。堀は「ステージに大きなプールを用意して、背泳ぎで登場したい」という演出に対する希望を発表し、鈴木絢音は「私の気持ちクイズ。私はあなたとライブに行けたらうれしい? うれしくない? ライブに行けるの楽しみにしてるね」という“胸キュン”なセリフを放ってファンを萌えさせた。

ライブ中盤には2回目のユニット曲コーナーが展開され、「Sing Out!」のカップリング曲を中心としたナンバーが並ぶ。生田と松村沙友理の“からあげ姉妹”は「曖昧」を、岩本蓮加、大園桃子、久保、阪口珠美、与田の3期生は「平行線」を歌唱。齋藤と白石は白と黒の衣装を身にまとい、2人の初ユニット曲「のような存在」をデュエットし、北野、鈴木、星野みなみ、堀、渡辺は「Am I Loving?」でファンを魅了した。また松村が“さゆりんご軍団”の軍団員である佐々木琴子、寺田蘭世、そして5月24日のアンダーライブをもってグループを卒業した伊藤かりんをステージに呼び込むと、客席からは歓喜の声が。4人による「白米様」「さゆりんご募集中」の披露後、軍団員とファンはこの日26歳の誕生日を迎えた伊藤を祝福。伊藤が将棋アマチュア初段であることにちなみ、ステージ上には将棋の駒の形をしたケーキが運び込まれた。松村は「わがままな軍団長から最大のわがままを言わせてください。乃木坂は卒業しても、さゆりんご軍団は卒業しないでください!」「これからも永遠にかりんちゃんの席は空けておきます。だから来たいときはいつでも来てください」と手紙を朗読し、伊藤は「“さゆりんご軍団”に入れられたときはどうしようかと思ったんですけど、楽しい思い出ばっかりでした。私も抜ける気はないし、“さゆりんご軍団“の武道館の夢は一生あきらめるつもりはありません!」と笑顔を見せた。

その後、乃木坂46は「ありがちな恋愛」「シンクロニシティ」「ロマンスのスタート」などのナンバーをラストスパートとして畳みかけ、会場を大いに沸かせる。最後はメンバーに無茶振りされ、嫌がる素振りを見せながらも投げキッスを披露した齋藤の「乃木坂って今変化が大きい時期だなと皆さんも感じていると思うんですけど、変化って終わりがないことだと思うんです。このメンバーは変化に耐えうる人たちだと信じているから、私に不安はないです」という言葉をきっかけに、「君の名は希望」のピアノバージョンがしっとりと届けられた。

アンコールの最初にはテレビ東京「乃木坂工事中」オリジナルのミュージックビデオの撮影を兼ね、この日2度目の「Sing Out!」が披露される。秋元による振り付けのレクチャーののち、ファンはメンバーと一緒にダンスして会場に一体感を生み出した。さらに「13日の金曜日」では、この曲を「どうしても歌い収めておきたい曲」と語った斉藤がトロッコに乗ってスタンド席の通路を移動。彼女は「メンバーやかわいい後輩、ファンの皆さんに恵まれ、大好きなアイドルになれたことが幸せです」「みんなの目に映る最後の瞬間までキラキラしたアイドルでありますように。そして、私の大好きな乃木坂46もずっとずっと永遠に応援よろしくお願いします。また笑って会いましょう! バイバイ!」と手紙を読み上げてファンに思いを伝えた。

そして乃木坂46は「乃木坂の詩」で場内を紫色のペンライトの光で染め上げ、盛大なシンガロングを展開。メンバーがステージを去る際、斉藤は「皆さんと過ごした時間、絶対に忘れません!」と力いっぱい叫んでいた。ここでライブが終わるかと思いきや、熱烈なダブルアンコールに応えて彼女たちは再びステージへ。ラストにはファンによるコールが印象的な楽曲「ハウス!」が歌われ、キャプテン桜井の「皆さんの愛のパワーをもらってこれからもすくすくと成長していきたいなと思います」という言葉で3日間におよんだ横浜アリーナ公演が締めくくられた。

乃木坂46「Sing Out!」発売記念ライブ 2019年5月26日 横浜アリーナ セットリスト

SE. Overture
01. Sing Out!
02. 何度目の青空か?
03. インフルエンサー
04. おいでシャンプー
05. 裸足でSummer
06. ぼっち党 / 生田絵梨花、久保史緒里、桜井玲香
07. ゴルゴンゾーラ / 北野日奈子、堀未央奈、渡辺みり愛
08. 頬杖をついては眠れない / 秋元真夏、斉藤優里、白石麻衣、新内眞衣、高山一実
09. 走れ!Bicycle
10. 夏のFree&Easy
11. ガールズルール
12. 太陽ノック
13. ジコチューで行こう!
14. 曖昧 / 生田絵梨花、松村沙友理
15. 平行線 / 岩本蓮加、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、与田祐希
16. のような存在 / 齋藤飛鳥、白石麻衣
17. Am I Loving? / 北野日奈子、鈴木絢音、星野みなみ、堀未央奈、渡辺みり愛
18. 白米様 / 松村沙友理、伊藤かりん、佐々木琴子、寺田蘭世
19. さゆりんご募集中 / 松村沙友理、伊藤かりん、佐々木琴子、寺田蘭世
20. ありがちな恋愛
21. 命は美しい
22. シンクロニシティ
23. スカイダイビング
24. ロマンスのスタート
25. 君の名は希望
<アンコール>
26. Sing Out!
27. 13日の金曜日
28. ダンケシェーン
29. 乃木坂の詩
<ダブルアンコール>
30. ハウス!

アプリで読む