Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

パク・ボゴム(写真提供:ポニーキャニオン)

パク・ボゴム、SSAファンミーティングで日本デビュー曲をサプライズ弾き語り

ナタリー

19/2/9(土) 13:40

パク・ボゴムが2月3日に埼玉・さいたまスーパーアリーナでファンミーティングイベント「2019 Park Bo Gum Asia Tour in Japan<Good Day:May your everyday be a good day>」を開催した。

2017年放送の主演ドラマ「雲が描いた月明かり」で一躍人気俳優になったボゴムは、4カ月間で計8カ国を回るアジアツアーの一環として、2017年12月以来となる日本でのファンミーティングを実施。バラードナンバー「I Like You」でイベントの幕を開けたボゴムは、「皆さんのボーイフレンド、パク・ボゴムです」と約2年ぶりの主演ドラマ「ボーイフレンド(原題)」にちなんだ挨拶を日本語で述べ、「『今日が皆さんにとっていい日になったら』という思いを込めて『Good Day』というタイトルにしました」と公演タイトルに込めた思いを明かした。

イベントの前半ではトークコーナーが展開され、ボゴムは「もし1度だけタイムマシンを使えるとしたら?」というファンからの質問に「タイムマシンは必要ないと思います。今が1番大切ですし、今まで生きてきた人生でいろいろと経験できたので、あえて時間を戻したいとは思わないですね」としっかりとした口調で答えたほか、3月20日に日本デビューシングル「Bloomin'」をリリースすることについて「日本の皆さんにお会いできる時間が増えると思いますし、すごくわくわくしていて楽しです」とコメント。またポゴムは「ボーイフレンド(原題)」の“胸キュン”シーンを振り返ったり、会場の観客1人と携帯電話で会話する企画を行ったり、ステージ上で「LOVE」をテーマにしたオリジナルキャンドルを制作したりと、ファンとの交流を楽しんだ。

休憩を挟み、イベントはライブパフォーマンスのブロックに突入。日本のiTunes StoreのK-POPチャート1位に輝いた「Let's Go See the Stars」を気球に乗って歌ったボゴムは、続けて「Always Be With You」「Misty Road」「My dearest」といったしっとりとした雰囲気の楽曲を届け、会場を伸びやかな歌声で包み込む。さらにポゴムはファンへ感謝の気持ちを伝えるために選曲したという「Here We Are」を歌い上げ、賛美歌「花も」、日本デビュー曲「Bloomin'」の一部をサプライズでピアノ弾き語り。大きな歓声が沸き起こる客席に向かって、「『Bloomin'』にはどこにいても皆さんと僕は心が1つだという思いが込められていて、皆さんは僕にとって花のような存在です」と語りかけた。

その後「One Candle」でイベント本編を締めくくったポゴムは、ファンの熱烈なアンコールに応えて再びステージへ。バックダンサーと共にTWICE「What is Love?」とSEVENTEEN「Pretty U」のカバーで会場を盛り上げ、トロッコに乗ってクリスマスソング「Must Have Love」を歌唱。アリーナを周回しながら客席にサインボールを投げてファンを喜ばせた。そして「皆さんのこれからを祝福します」と日本語で話したポゴムは、会場に紙吹雪が舞う中「I bless you」をラストナンバーとして披露し、盛大な拍手を浴びながらステージをあとにした。

パク・ボゴム「2019 Park Bo Gum Asia Tour in Japan<Good Day:May your everyday be a good day>」2019年2月3日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. I Like You
02. Let's Go See the Stars
03. Always Be With You
04. Misty Road
05. My dearest
06. Bounce
07. Honey
08. With You
09. Swallowing My Heart
10. Here We Are
11. 花も~Bloomin'
12. One Candle
<アンコール>
13. What is Love?
14. Pretty U
15. Must Have Love
16. I bless you

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える