Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

2PM ジュノ、“明るい余韻”を残したソロ活動集大成のコンサート 武道館公演最終日をレポート

リアルサウンド

18/12/14(金) 13:00

 2PMのジュノが、日本で一旦最後のソロコンサートを行った。タイトルは「JUNHO (From 2PM) Last Concert “JUNHO THE BEST”」。彼が日本でソロデビューしてからの約6年間を振り返るという、まさに集大成といった内容のコンサートだ。今回は、12月6日~8日までの3日間日本武道館で開催された“JUNHO THE BEST”の最終日、8日のレポートをお届けする。

(関連:SHINee KEY、2PM NICHKHUN……K-POPグループメンバーの“満を持した”ソロデビューを考察

 会場に到着すると、ジュノのファンたちで武道館前はいつも以上に混雑していた。今回のコンサートはチケットが入手困難だったが、会場に入れないファンたちもジュノとの時間を共有したく集まっているようだ。それぞれハグしあったり、懐かしい思い出を共有している様子が伺えた。

 そんなジュノのコンサートは、多くのファンに見守られながら定刻18時にスタートした。

■“ジュノの全てが感じられる”ソロ活動集大成のコンサート
 暗転した武道館には、キラキラとジュノのメンバーカラー・イエローのペンライトが光る。大きなスクリーンでは、ジュノがコンサートの記者会見を受ける姿など、華やかな表舞台に立つ姿を映し出した本公演のために制作されたオリジナルムービーが流れる。映像が終わると、ステージの上段には赤い衣装をまとったジュノの姿がスポットライトで浮かびあがる。そして会場からは割れんばかりの「イ・ジュノ!」コールが始まった。

 ステージに立つジュノは、横を向いてしばらくの間ファンたちの声をじっくりと感じ取っているように見えた。微動だにせず数十秒……その間、ジュノは何を考えていたのだろうか。スクリーンにアップで映し出された彼の顔から、今回のコンサートを迎える“覚悟”のようなものを感じた。

 下段のステージに降りダンサー6人を従えた「Nobody Else」が始まると、会場の歓声はさらに大きくなった。「Good Life」、「Diamond」と3曲続けると、「みなさん」と言った後、数秒間ファンを見回し「“JUNHO THE BEST”公演にようこそ!」と挨拶。「今日は僕の全てを感じることができるライブです」と今回の公演について紹介した。

 MCの最後にジュノがファンに向けて「歌って、踊って、勝手にやってください!」というと、いつものフレーズにファンも大きな声で答えた。そして「次の曲ではペンライトを消してください」とお願い。全てのペンライトが消え、真っ暗なステージにスポットライトだけが光る中、ジュノが華麗なダンスパフォーマンスを披露し、「Pressure」でステージが再開した。

 その後も、ダンスミュージックからロック、バラードまで2PMやジュノのソロ曲など新旧織り交ぜた曲で構成されたセットリストで会場は盛り上がっていく。「Forever」ではファンから起きた大合唱に、嬉しそうに声に耳を傾けるジュノの姿が印象的だった。「今日は早めに(終わりに)したくないです」というジュノの言葉とは裏腹に時間は刻々と過ぎ、本編は中盤のパートへ。

 コール&レスポンスからの「SO GOOD」~「Ice Cream」という“イ・ナツ”の代表曲で会場のテンションを上げると、サイリウムを使った演出が印象的な「This is Love」、銀テープを放った「WOW」でさらに会場はヒートアップ。VCRを挟み、今度は少しクールダウンして、武道館のステージに一足早い雪が舞い降りる中、想いを込めて冬の代表曲「Winter Sleep」を歌い上げると、いよいよコンサートは終盤へ。

 「みなさん、そろそろ……」とジュノがいうと、ファンからは「えー!」という大きな声が。苦笑しながらも「嫌ですよね? (僕も)嫌です」とジュノ。「終わらないでー!」というファンの声に、「僕もそう思います」と少し困った顔で答える。

 終わりの時間が迫る中、「最後まで後悔しないように」「次の曲へ行きたくないですね……」と、ファンも本人も時間を惜しみながら最後のパートの1曲目「想像」へと進む。“まだ、誰も見たことのないジュノ。”がコンセプトの「想像」のパフォーマンスには、大人になり成熟したジュノの姿があった。

 「All day」、「I’m In Love」で本編が終わりジュノがステージから去ると、会場からは自然と「イ・ジュノ! イ・ジュノ!」というコールが始まる。そして、ステージのスクリーンにソロデビュー後の初のソロツアーから今までの回顧の映像が流れ、約6年間のジュノの成長を振りかえっていった。

 映像が終わると、ファンにとっては馴染みのイントロが流れ始め、デビュー曲「キミの声」が始まる。大きなスクリーンには、ソロデビュー当時のジュノの姿が流れ、“今”のジュノはその時と同じ白のライダースと黒のジーンズという衣装で登場。昔と今のシンクロは、彼が成長したことを感じさせる演出だった。

 そして曲が終わると、耳に手を添えるダンスの振りに合わせてファンの声に耳を傾ける。歓声が大きな「イ・ジュノ」コールに変わると、イヤモニを外して満足した表情でさらに耳を傾け観客を煽り、嬉しそうに満面の笑顔を見せた。

 「この曲がなければ皆さんに会うのは難しかったかもしれない」と、ジュノが大好きな曲だという「SAY YES」を紹介。パフォーマンスを始める前に、ファンとのコール&レスポンスの練習として、自分が「SAY!」と言った後、アリーナ席、1階席、2階席に分けてそれに答えるというやりとりも。難しそうに見えるお題にも「I LOVE YOU!」「2PM!」「イ・ジュノ!」とチームワーク良く次々と答えていくファンに、ジュノは満足そうな表情を見せ、パフォーマンスへ移っていった。

 とにかく、ジュノとファンの一体感が凄まじい。このやりとりだけでなく、コンサートの間中ジュノが求めていることをファンは察知し、すぐに答えていた。まさに阿吽の呼吸なのだ。この団結力に、ジュノとファンの間の信頼感や強い絆を感じた。

■「泣かないつもりだったのに……」ファンの前で流した涙
 「SAY YES」が終わると、「みなさん楽しかったですか? 本当に楽しかったですか?」の問いに大きな声で「はーい!」と答えるファンに、「僕も本当に楽しかったです」と、ジュノ。「全てが終わりました」と言うと、温かい拍手が続いた。「全部が終わって寂しくなります」「言いたいことばかりなので、準備してきたものがあります」と用意した手紙を取り出し、ゆっくりと読み始めた。

 「本当に最後ということは存在するんですね。以前は最後というと本当に終わってしまうんじゃないかと思い不安でした。でも、今のように毅然としていられるのは、みなさんと『一緒に過ごした時間』のおかげだと思います」とファンへの思いを述べ、最後には「これがジュノのベストです。僕をベストにしてくれてありがとうございます」と感謝し、「最後だからとあまり悲しまないでください。僕がいつも言っているように、終わりは新たな始まりで、また会える日までの時間が、僕たちにとってドキドキとワクワクを与えてくれると思います。もっと成長したジュノになって、必ず戻ってきます」と決意を明かした。

 代表曲のタイトルを混じえ綴った手紙に、途中ファンからは少しの笑いがこぼれ、ジュノも「みなさんのおかげで笑いながらお別れできると思います」と微笑んだ。

 そして温かい拍手と歓声で包まれる会場を見回しながら名残惜しそうに「何か言いたいですね……。ただ見ることだけでもいいです」とファンを見回し、「次の曲がありますけど歌いたくない! コンサートなのに」と本音を漏らした。

 次の曲「Zero Point」が紹介された後、スクリーンに2PMで日本デビューをしてからのダイジェスト映像が流れ始めた。この映像が流れることを知らなかったジュノは、“野獣アイドル”時代の自分に大きな声で「アンデ~!(やめて~!)」と叫びながらも、懐かしそうに眺めていた。そして映像が終わると、会場からのサプライズが。

 「いつまでも待っているよ」

 と、書かれたジュノのカラー、イエローのスローガンで武道館は埋め尽くされていた。それはファンだけでなく、ステージのバンドや、バックステージを守るスタッフまで、スローガンをあ掲げていたのだ。「イ・ジュノ!」コールが会場中に響く中、客席を見たジュノの目からは涙が。「泣かないと思いましたけど、みなさんの前では正直になりますよね」と、素直な気持ちを吐露。ファンからは「待っているよー!」「大好きー!」という声が次々と上がった。

 ファンとの最後の記念撮影の後、「Zero Point」と「一緒に過ごした時間」を2PMメンバーの声、そしてファンの合唱と一緒にパフォーマンスした。

 曲が終わると、ステージを隅々まで周りファンに挨拶。「2PMのジュノでした!」と大きな声で叫ぶと、たくさんのハートを作りながら、名残惜しそうにステージを去って行った。

■トリプルアンコールで明るい余韻を残して終わったコンサート
 終わらない「イ・ジュノ」コールが響く中、ステージに明かりがつく。ダブルアンコールだ。ステージに飛び出してきたジュノにファンは盛り上がる。「君がいれば」を力いっぱいパフォーマンス。ジュノがステージを去ると、暗闇になったスクリーンにはエンドロールが流れ、最後に「You are JUNHO’s Best Hottest(君はジュノの最高のホッテスト=2PMファン)」と言う言葉が映し出された。

 エンドロールが終わり、これが最後の曲だと思っていたところで、ステージがパっともう一度明るくなる。まさかのトリプルアンコールだ。思いがけないジュノの登場にファンの声はさらに大きくなる。

 イントロが始まり、ダンサブルでアグレッシブな「HYPER」をパフォーマンス。バンド、ダンサーも一緒になり最高の盛り上がりを保ったまま、会場が暗転。明かりがついたときにはステージにジュノはいなかった。悲しい気持ちではなく、明るい余韻を残し、今回の『JUNHO THE BEST』コンサートは終わった。

 周りを見回すと、ファンも「ジュノらしい終わり方だね」と明るく話していた。約3時間20分を走り抜けたコンサート。これがジュノなのだ。そんな全力投球なステージだった。

 最初のMCの中で「今日は僕の全てを感じることができるライブです」と今回の公演について紹介していたが、先にも書いた通り、今回の公演はジュノのソロ活動約6年間の集大成。そういう意味でもステージのセッティングにこだわり、LEDやライティング、レーザーでの演出まで、とにかく目を離せないものになっていた。時に鎖に繋がれたり、冬の凍てつく世界を表現したり、ピアノ演奏だけで歌を披露したり……、様々なジュノの姿を見せてくれた。もちろんセットリストも新旧織り交ぜた構成で、初めてジュノのコンサートに来た人でも楽しめる内容だった。

 そして、何よりも時折ファンから自然発生的に起きる「イ・ジュノ!」コールに、彼がファンに深く愛されているアーティストなのだと感じた。

■2PMで“一番のアイドル”でありエンターテイナー・ジュノの姿
 以前、リアルサウンドのコラムでも「2PMのメンバーの中で一番王道アイドルらしいメンバー」だと書いたが、今回のコンサートを見て、さらにその実感が増した。“ダイヤモンドのように輝くアイドルであるジュノ”を何年経っても貫き、ファンと向かい合いながらも、自分の気持ちを素直に表現する。それがジュノの魅力で、多くの人たちが惹かれていく部分なのだろう。

 「必ず戻ってきます」と言ったジュノ。その言葉を胸に、さらに成長した彼の姿に会えるのを楽しみにしていたい。まだまだ“JUNHOのすべて”を私たちは感じきっていないはずだから。(西門香央里)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play