Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

錦戸亮、『トレース~科捜研の男~』笑顔でクランクアップ 「打ち上げで楽しいお酒が飲めたら」

リアルサウンド

19/3/17(日) 6:00

 3月18日に最終回を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』で、科捜研の法医研究員・真野礼二を演じた錦戸亮が、先日クランクアップを迎えた。

参考:『トレース~科捜研の男~』錦戸亮の哀しみの涙 事件の鍵を握るのは千原ジュニア&萩原聖人?

 本作は、実際に鑑定をしていた元科捜研の研究員・古賀慶による、累計40万部突破の人気コミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を連続ドラマ化したサスペンス。ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野礼二が、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、闇に葬りさられようとしている真実の欠片を見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていく模様を描く。

 錦戸は、早朝の都内でクランクアップ。全ての撮影を終えると、「主演・真野礼二役、錦戸亮さん! オールアップです!」とスタッフが紹介。現場は大きな拍手と歓声に沸いた。錦戸は「お疲れ様でした! 去年11月下旬から始まった撮影ですが、この1週間はみなさん本当にきつかったと思います。やっと今日解放されます!笑」と、最終話に向けて連日のハードな撮影を走り抜けた感想を語った。そして「無事に全ての撮影が終わり、編集も滞りなく進んで、打ち上げで楽しいお酒が飲めたらいいなと思っています。その時はみなさん乾杯してください。お疲れ様でした!」と挨拶。4カ月間、連日長時間に及ぶ撮影の疲れを一切見せず、笑顔で締めくくった。

 その後、撮影を終えた心境を語った錦戸。クライマックスシーンを撮影した2日間が最も印象に残っているといい、「体力的にも大変でしたが、とても緊迫したシーンだったので、いい緊張感の中で臨むことができました」と振り返った。

 さらにこの日は、刑事・虎丸良平を熱演した船越英一郎もクランクアップ。錦戸との共演シーンで4カ月の撮影を全て終えた。船越はキャスト・スタッフを前に「本当にみなさん、お疲れ様でした! 撮影が終わった今の感想は、うれしい!」と声を上げると、現場は爆笑に包まれたが、「でもうれしい以上に、みなさんと別れるのが寂しい! これに尽きます。本当にそんな風に思わせてくれる現場を作ってくださったみなさんに、心から感謝しています。ありがとうございました!」と熱いメッセージを送ると、大きな拍手が沸いた。

 いよいよ最終回を迎える『トレース~科捜研の男~』は、90分スペシャルで3月18日21時からフジテレビ系にて放送される。

【主演・錦戸亮 コメント】
・撮影を終えて
朝早いクランクアップで、きょうは天気も良いですし、気持ち良く終えることができました。これまでの撮影は長かったですけど(笑)。

・新木優子、船越英一郎と共演して
船越さんは大ベテランで経験値が違いますから、現場での立ち振る舞いなども勉強になりました。新木さんはすごく素直でニコニコしているので、スタッフさんたちは癒されていたと思います。

・撮影で印象に残っていること
クライマックスシーンを撮影した2日間ですね! 体力的にも大変でしたが、とても緊迫したシーンだったので、いい緊張感の中で臨むことができました。でも僕よりもスタッフさんのほうがよっぽど疲れていたと思いますので、みなさんもゆっくり休んでいただきたいです。

・視聴者へのメッセージ
家族を殺害したのは誰なのかをずっと探し続けてきて、真野君なりの答えが出ると思います。しんどい事実かもしれませんが、みなさんも一緒に受け止めていただけるとうれしいです。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む