Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第4回

『映画刀剣乱舞』主要キャスト全員インタビュー

和田雅成×岩永洋昭×椎名鯛造 鼎談インタビュー「脚本がとても面白い!」

19/1/25(金)

刀剣男士インタビューのラストを飾るのは、、へし切長谷部役・和田雅成さん(写真左)×日本号役・岩永洋昭さん(写真中央)×不動行光役・椎名鯛造さん(写真右)による鼎談。作品と役柄に対する思いや意外な裏話も!?

和田 へし切長谷部はもともとは織田信長が持っていた刀が姿を変えた刀剣男士ですが、信長から下げ渡された経緯があって劣等感のようなものを抱えている。信長が持っていたときに相手を隠れた棚ごと圧し切ったことから“へし切”の異名がついたので、舞台でも叩き斬るのではなく、上から圧し切るイメージで演じていました。

椎名 僕が演じた不動行光も、もともと持っていた織田信長が森蘭丸にあげた刀が姿を変えたもの。へし切長谷部とは違い、織田信長を愛し過ぎているために、史実どおりに生きることにどこか抵抗があって苦しんでいる。なので、甘酒を常に飲んでいて、しょっちゅうしゃっくりをしているんだけど、短刀だから機動力がいいんです。今回の映画でもそのあたりが出せるような殺陣を意識しました。

岩永 僕はふたりと違って今回の映画版からの参加だけど、日本号も腰に常に酒が入った壺を下げているぐらいの酒好き(笑)。年齢もみんなより少し上なので達観している部分もありつつ、熱血ではないものの締めるところは締めるキャラクターですね。あそこまで長い槍を扱ったことがなかったので殺陣ではちょっと苦戦したけれど、アクションの練習に時間を割いてくださったので、感謝しています。

アプリで読む