Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

EXILE AKIRA

“EXILEの語り部”AKIRA、自分視点でEXILEを表現したDVD発売「今度はがんちゃんとか…」

ナタリー

19/2/5(火) 17:10

EXILE AKIRA(EXILE、EXILE THE SECOND)の映像作品「THE FOOL MOVIE ~Raw to Refined~」の発売を記念したイベントが、本日2月5日に東京・代官山 蔦屋書店にて開催された。

明日2月6日にリリースされる「THE FOOL MOVIE ~Raw to Refined~」は、AKIRAがこれまでに培ってきた「パフォーマー」「俳優」「モデル」「クリエイティヴ(創作)」という活動を融合させ、形に捉われることなく、さまざまなエンタテインメントを提供していくというコンセプトのもと立ち上げたオリジナルエンタテインメント「THE FOOL PROJECT」の第4弾作品。ドキュメントムービーやロードムービー仕立てのプライベートショット、オリジナルダンスビデオ「AKIRA's FOCUS」などを収録したDVDで、ディレクション・企画・制作・編集・出演すべてをAKIRAが担当した。本日のイベントには抽選で選ばれた50名のファンが来場。AKIRAのトークを楽しんだあと、「THE FOOL MOVIE ~Raw to Refined~」をAKIRA本人から受け取った。

AKIRAはイベント前にマスコミ向けの囲み取材を実施。記者からDVD発売を直前に控えた今の気持ちを問われると「EXILEとかEXILE THE SECONDで出すミュージックビデオやアルバムとはまた違ったアプローチをしたDVDですので、普段のグループの活動のときとは違ったワクワクがあります。自分がディレクションしてきた作品たちがファンの方や世の方々に届くと思うとうれしい」と述べる。本作がリリースされることについては「もともとクリエイティブなことが好きだったのでその延長で、自分の世界観を1つの作品にまとめました。自分のクリエイティブな一面が形になってよかったです」とコメントした。

本作にはEXILEが3年間の充電期間を経て、15人体制の新生EXILEとして活動を始めるまでのドキュメンタリーが収録されている。このドキュメンタリーについてAKIRAは「HIROさんをはじめ、オリジナルメンバーがパフォーマンスから勇退された今、パフォーマーでは自分が最年長で引っ張っていく立場でもあります。自分たちが今まで見てきたEXILEや今現在見えているEXILEを自分視点で描くことで新しいEXILEを知ってもらえるんじゃないかなと思います。僕らより上の世代の方は知っていても、また新しい世代の方々にEXILEというものを語っていくべく、自分のフィルターを通したツールと言いますか、EXILEの語り部としてこの作品を通して伝えられたら。幅広い方々にEXILEのことを知ってもらえるような内容になっています」と語った。

ドキュメンタリーはAKIRAに密着した映像を軸に編集されており、これを観たAKIRAは今後メンバー1人ひとりにフォーカスを当てた映像を作ることに興味が湧いたそうで、「今回は自分発信だったので自分で切り込んで作ってみたんですけど、例えば今度は自分から見たNAOKIとか、自分から見たがんちゃん(岩田剛典)とか、自分から見たATSUSHIくんとか。普段のドキュメンタリームービーとは違った視点で、メンバーの素顔やEXILEとしての活動、EXILE(の活動をしている)以外の時間にどういうふうにそれぞれが“Mr.EXILE”をまっとうしているのかを知ってもらえると、『EXILEにはこんなにいろんなカラーがあるんだ』と楽しんでもらえるんじゃないかと思いましたね」と新たな作品への制作意欲を見せていた。

「AKIRA's FOCUS」については「この6曲は今までにリリースしてきたEXILEの楽曲ですが、ミュージックビデオを作らなかったものをチョイスしています。これまでパフォーマンスを付けて来なかった楽曲を自分の世界観で表現したEXILEの楽曲のPV集です」と説明。6本のビデオを通して初期のEXILEから今現在のEXILEまでを表現したそうで、「過去と今をリンクさせて新しいものにしている感覚です」と話す。中でもEXILE ATSUSHIが昨年リリースした「Suddenly」の世界観を表現した映像を特に気に入っていると語り、「この曲が出たときに、この楽曲でパフォーマンスがしたい、自分の世界観で描いたら面白いものになりそうと思ったんです。ロンドンでカメラマン2人と撮影をして作らせていただいたんですが、CGを使ったファンタジーの世界が多いEXILEのPVとは間逆な感じで、生身の自分を感じてもらえます」と述べた。ATSUSHIもこの映像を絶賛していたそうで「『AKIRAのクリエイティブなところに共感するよ』と言ってくれました。ATSUSHIくんの楽曲をさらに盛り上げるべくこういう映像作品が作れてうれしかったです」と笑顔を見せた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える