Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Photo by Rocco Soldini

盲目の女性と臆病なプレイボーイがローマで恋、映画『エマの瞳』3月公開

CINRA.NET

18/11/19(月) 16:00

映画『Emma 彼女の見た風景』が『エマの瞳』の邦題で2019年3月から東京・新宿武蔵野館、神奈川・横浜のシネマ・ジャック&ベティほかで公開。ポスタービジュアルが公開された。

『ヴェネチア国際映画祭』で初上映された同作は、イタリア・ローマを舞台に、自立した生活を送る盲目の女性・エマと、広告代理店に勤める臆病なプレイボーイ・テオの恋を描いた映画。恋人・グレタと交際し、仕事漬けの毎日を送るテオが、理学療法士の施術者として生きる盲目のエマに惹かれ、関係を深めていくも、ある日2人で共に過ごしているところをグレタと鉢合わせしてしまう、というあらすじだ。原題は『Il colore nascosto delle cose』。

監督を『ベニスで恋して』のシルヴィオ・ソルディーニ、脚本と原案をソルディーニのほか、リアーナ・レオンデフ、ダヴィデ・ランティエーリが務めた。出演者には『ヴェネチア国際映画祭』最優秀女優賞をこれまでに2度受賞しているヴァレリア・ゴリノ、『スウェプト・アウェイ』のアドリアーノ・ジャンニーニが名を連ねる。

公開されたポスタービジュアルには、上半身裸のキャストが向き合う姿や、「私たちには見えているのだろうか? 本当のことが」というコピーなどが写し出されている。