Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「トイ・ストーリー4」

ウッディとバズの冒険はどうなる?「トイ・ストーリー4」監督らがラストに言及

ナタリー

19/7/5(金) 12:00

ディズニー / ピクサーの長編アニメーション「トイ・ストーリー4」より、監督を務めたジョシュ・クーリーと、バズの声を担当するティム・アレンのコメントが到着した。

本作は、新しい持ち主と暮らすウッディとバズの冒険を描き出す物語。彼らが迎える結末について、制作陣は当初“冒険的すぎるのでは”と迷っていたそうで、クーリーは「感動的でエモーショナルな結末だと思っていたが、シリーズを愛してくれている方々が受け入れてくれるだろうか?という思いもありました」と当時の心境を述べる。そしてアレンに結末を話したときのことを振り返って「その不安は吹き飛んだよ。バズを演じるティムの心に響いたということは、この結末がとても感動的なラストになると思えたからね」と彼の反応によってこの結末を描くと決めたことを明かし、ウッディとバズの関係に関しては「彼らはお互いを信頼し、理解し支え合う。それはシリーズにとって必要不可欠な関係性であり、『トイ・ストーリー4』ではさらに深い友情が描かれるよ」とコメントした。

1作目から同シリーズに携わるアレンは「結末を聞いたときは驚いたけど、とても感動的ですごいんだ。素晴らしい物語になっているよ。今回は娘が結婚するのに似ているのかもしれないね。娘が出て行くことは大きな悲しみだけど、彼女は何かを得ている。これもそういうことさ」と9年ぶりとなる新作に言及。さらに「(ウッディ役の)トム・ハンクスを含めて全員が素晴らしい作品になることを確信しながら作り上げたと思うよ」とキャスト陣を代表して思いを語った。

「トイ・ストーリー4」は7月12日より全国でロードショー。日本語吹替版にはこれまでに引き続きウッディ役で唐沢寿明、バズ役で所ジョージが参加する。

(c)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

アプリで読む