Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「イソップの思うツボ」メイキングカット。左から中泉裕矢、上田慎一郎、浅沼直也。

「イソップの思うツボ」上田慎一郎ら3監督が“演出入り乱れる”大胆な撮影を回想

ナタリー

19/6/25(火) 15:04

「カメラを止めるな!」の上田慎一郎ら3人が監督を務めた「イソップの思うツボ」のメイキングカットが到着した。

上田とともに、「カメラを止めるな!」で助監督とスピンオフ版の監督を務めた中泉裕矢、スチールを担当した浅沼直也がメガホンを取った本作。亀だけが友達の内気な女子大生・亀田美羽、タレント一家に生まれた恋愛体質の兎草早織、復讐代行屋を父と営む戌井小柚を軸に、計算しつくされたシナリオで話題を呼んだ「カメラを止めるな!」同様、意表を突くストーリーが展開される。

本作では、亀田家は中泉、兎草家は上田、戌井家は浅沼といったように、家族やシーンごとにメイン監督を決め、ほかの2人は助監督を務める形で撮影が進められた。撮影現場では3人の監督が常に顔を突き合わせていただけあって、議論が白熱することも。撮影最終日、物語の鍵を握る山小屋のシーンでは、3人の演出が入り乱れる場面もあり緊張感が漂った。

この日の撮影を振り返り、上田は「ワンシーンの中で、全員が横並びで現場を見て監督しているという体制はなかなかないと思うので、自分1人では絶対できないなという作品になった」とコメント。中泉は「最終日、本当に3人がおのおの演出していたとき、『こんな映画の作り方があるんだ』と一番興奮しましたね」と貴重な経験を回想する。浅沼もこの大胆な撮影方法を、3監督ならではの「メリット」であると話した。

なお本作の撮影は「カメラを止めるな!」に続き上田の次回作「スペシャルアクターズ」にも参加する曽根剛が担当。曽根は濱津隆之も出演する「二人小町」のメガホンを取ることも発表されている。

「イソップの思うツボ」は8月16日より全国ロードショー。

(c)埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

アプリで読む