Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

難病役の馬場ふみかが、キスをせがむ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』野村周平の中で揺れる想い

リアルサウンド

19/1/27(日) 17:00

 繭(桜井日奈子)の恋敵が登場し、逞(野村周平)との恋愛関係に亀裂が入る『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)第2話。繭と逞は、学校行事のバスケットボールの試合で、昴(宮沢氷魚)のクラスと対決することになった。

 昴は逞に突っかかり、逞が病気のせいで試合に出られないことについて煽る。試合が始まると、監督として参加していた逞も、後半のラスト10秒では居ても立ってもいられずコートの中へ。逞の活躍で繭のクラスは見事勝利し、逞は昴への雪辱を果たした。バスケの試合で足を捻挫した繭が病院に行くと、付き添いで来ていた逞がかつて同じ病院に入院していた上原照(馬場ふみか)と偶然再会する。照は逞にアプローチをかけ、繭に疎外感を感じさせるように接する。繭はそれに気がつき、照に不信感を抱くのであった。そして予感は的中、照は仮病を使って逞の気をひき、キスをせがむ。

【写真】尻文字を披露する繭(桜井日奈子)

 第1話で友達になった繭と逞だが、お互いに惹かれあっているが故に友達という関係性に切なさを感じる。距離を縮めたいのに、踏み込めない。そんなもどかしさの渦中にいた。そんな中での照の存在は繭にとって、かなりショックであったに違いない。照を演じる馬場ふみかは、今期ドラマで『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)でもゲスト出演し話題になった。『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』では気の強いアイドルを演じた馬場。『僕の初恋をキミに捧ぐ』では可憐で弱々しい病気の少女を演じる。しかしその実、照には繭を出し抜くしたたかさもある影のある役となった。同じクールのドラマでガラリと印象を変えて出演した馬場は、一見、同じ役者と気づかない視聴者もいるのではないだろうか。次回予告では繭との正面対決も示唆されており、照の裏の顔を演じる馬場の怪演を見守りたい。

 また、第2話ではライバルの出現や高校生活を通して繭の表情が豊かになっていった。桜井の芝居はコロコロと表情を変え、テンポよく演じるスタイルで視聴者を魅了していく。怒ったり、拗ねたり、笑ったり、ふざけたり。ありのままの高校生を等身大に表現している。逞が気持ちを隠すように、あまり表情を変えない芝居を野村がしているのに対し、緩急つけて演じることで気持ちを表すのが繭らしさなのだ。今は友達同士としての関係を深める2人だが、気持ちが抑えられなくなった時、どのような表情を見せるのか。特に逞の芝居は大きく変わってくるのではないだろうか。

 照というライバルの出現や、昴の存在で、友人関係でありながらも心中穏やかでない時間が続く繭と逞。そんな中で2人は今後どのように恋を育んでいくのか。原作漫画、映画との演出の違いでどう魅せるのかがキーになるだろう。

(Nana Numoto)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える