Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

中村雅俊が語る、“変化を重ねてきた”45周年の軌跡「全力投球してきたからこそ続けてこれた」

リアルサウンド

19/7/1(月) 12:00

 中村雅俊が45周年を記念したシングルベストアルバム『Masatoshi Nakamura 45th Anniversary Single Collection〜yes!on the way〜』をリリース。ミリオンセールスを記録したデビュー曲「ふれあい」(1974年)、桑田佳祐の作詞・作曲による「恋人も濡れる街角」(1982年)、小田和正の提供による「小さな祈り」(1998年)、最新シングル「だろう!!」(2018年)などをコンパイルした本作は、70年代〜10年代に至る“歌手・中村雅俊”の魅力の再発見につながりそうだ。

 7月6日から31日に『中村雅俊45thアニバーサリー公演』を東京・明治座で開催。さらに小椋佳、松山千春をゲストに招いたスペシャルライブ 『Masatoshi Nakamura 45th Anniversary 明治座 Special Live』(明治座/7月15日)、9月末からは全国ホールツアー『MASATOSHI NAKAMURA 45th ANNIV. CONCERT TOUR 2019 「ON and ON」 Vol.3 』を行うなど、アニバーサリーにふさわしい活動が続く。ベストアルバム、40周年記念公演を軸にしながら、歌手、役者としての中村雅俊の“これまで”と“これから”について聞いた。(森朋之)

変わらないと言われるのは“常に変わっているから”

ーーまずは7月に明治座で開催される『中村雅俊45thアニバーサリー公演』について聞かせてください。第一部は、勝海舟の父・勝小吉の物語【勝小吉伝 〜あぁ わが人生 最良の今日〜】を上演、第二部はコンサートの2部構成ですが、芝居の演目に関しては、中村さんの意見も反映されているんですか?

中村雅俊(以下、中村):いや、企画の段階ではそこまで参加していないですね。明治座サイドとウチのスタッフが話し合って、たくさんのアイデアのなかから、これに決まったので。

ーーなるほど。45周年の記念すべき舞台なので、ご自身の意向もかなり入っているのかと思っていました。

中村:デビューしてからずっと「これをやりたい」「あれをやりたい」ということで続けてきたんですが、何年か前からは「人の意見を聞くのもありだな」と思うようになって。みなさん、「これが中村に合うだろう」と思って提案してくれているわけだしね。もちろん、すべてをそのまま受け入れるわけではないですが、以前よりは人の意見を聞くようになりました。特に今回のお芝居は、台本と演出を鴻上尚史さんが担当してくださるので、安心して任せたいなと。第三舞台(鴻上氏が早稲田大学在学中に立ち上げた劇団)の頃から絶えず素晴らしい作品を発表しているし、時代に即したメッセージを送り続けている方ですからね。

ーー芝居自体は時代劇ですが、いまの時代に合ったメッセージを含んだものになる、と。

中村:ええ、そうなると思います。勝海舟の父親という役柄も、「中村に合うだろう」ということで選んでもらっていて。自由人だったんですよね、勝小吉という人は。自由奔放でヤンチャというキャラクターなんですけど、デビューからしばらく、俺もずっとそういう役を演じることが多かったので。『俺たちの旅』(1975年〜1976年放送のテレビドラマ)もそうだしね。

ーー確かにそうですね。70年代は自由奔放なイメージが強かったので。

中村:それをふまえて役作りできるので、やりやすいかなと。鴻上さんも明治座は初めてということもあって、きっと良い化学反応が生まれると思うんですよね。「いままでとは違う」という覚悟を持って臨んでくださるでしょうし、そのぶん、俺も頑張らないとなと。そういう意味では、いい緊張感がありますよね。

ーー中村さんにとっても新しい挑戦なんですね。

中村:そうですね。お芝居をやって、休憩を挟んでコンサートをやるという構成も初めてで、密かに「俺に向いてそうだな」と思ってるんですよ(笑)。役者と歌手の両方をずっと続けてきてるので。

ーー新しいことに挑戦することも躊躇しないタイプですか?

中村:まあ、新しもの好きではありますね。好奇心も旺盛だし、だからこそ、この職業を続けてこれたのかなと。学生の頃からそうだったんですよ。大学では英語劇をやっていたんですが、もっと違う世界を見てみたいと思って、文学座のオーディションを受けて。それも多少の好奇心や行動力がないとやらないだろうしね。

ーーひとつの場所、決まった場所に留まらないというか。

中村:ええ。よく「変わらないですね」と言われるんだけど、それって、ずっと変わり続けてるってことでしょ? この年齢になると、容姿だったりも変わっていくのが普通の状態じゃないですか。そうじゃないとしたら、何かしら頑張ってるんだろうし、変わり続けているんだろうなって。水鳥みたいに水面下ではガーッと掻いてたり(笑)。それも楽しいからやってるんですけどね。苦しいことばかりじゃ、続かないから。

ーー7月15日には、小椋佳さん、松山千春さんをゲストに招いたスペシャルライブ『Masatoshi Nakamura 45th Anniversary 明治座 Special Live』も。おふたりとも縁が深い方々ですよね。

中村:デビューの頃からの付き合いですからね。千春とはデビュー直後からプライベートでも一緒になることが多くて。お互いに大阪のイベンターが一緒ということもあって、創立
40周年のイベントで大阪城ホールで共演させてもらったり。震災の後、伊勢正三さん、千春と一緒に東北でチャリティコンサートをやったことともありました。俺のほうが年上だから、いろいろと気を使ってくれるんですよ。千春は口が悪いイメージがあるけど、義理堅い人ですから。今回のコンサートも、「頼まれたら断れない」という感じだったんじゃないかな(笑)。

ーー小椋佳さんは「俺たちの旅」(1975年)をはじめ、中村さんのデビュー直後の楽曲を数多く手がけています。

中村:もう44年になるから、吉田拓郎さんと同じくらい長いですね。ふたりでテレビに出たり、コンサートで共演したり、一緒になることが多いんですよ。小椋さんの曲は、すごくメッセージがあるんですよね。練られた言葉を発信される方だから、何度聴いても感じ方が違うし、普遍的なものがあって。時代に流されないというのかな。歌っていても「これがスタンダードだよな」と思うんですよ。千春の曲もそう。「恋」なんて、すごくいいでしょ?

ーーしかも「恋」は千春さんが20代半ばのときに発表されてますからね。成熟しているというか……。

中村:そうだよね。若いときからいい曲を書いてたし、歌も上手くて。素晴らしいよね。

ーーでは、シンングルベストアルバム『Masatoshi Nakamura 45th Anniversary Single Collection〜yes!on the way〜』について。「ふれあい」「心の色」「恋人も濡れる街角」など、それこそ“スタンダード”と呼ぶべき楽曲が多いですよね。

中村:改めて曲名と提供してくださった方々の名前を見て、「すごく恵まれているな」と思いました。すごい人たちにこんなにいい曲を書いてもらって……俺に曲を書いてくれた人たちの中には『俺たちの旅』を観てくれていた人が多いみたいで。桑田(佳祐)くんやASKAもそうだけど、カースケ(中村雅俊が演じた“津村浩介”のあだ名)の印象も強いみたいだし、「観てましたよ!」と言ってくれましたね。

ーー演じる役柄と中村さん本人のイメージがすごく近かったんでしょうね。歌手として活動を始めた当初は、役者と音楽のバランスはどういう感じだったんですか?

中村:「ふれあい」のときは「役者が歌っている」ということだったと思います。でも、コンサートツアーをやるようになってからは、役者だからといいうエクスキューズはできないなと思って。歌詞を間違えたりして、冗談で「役者だから」って言ったりしますけど(笑)、早い時期から“役者・中村雅俊”と“歌手・中村雅俊”をどちらも100%でやろうと決めて。それが良かったんでしょうね、いま振り返ってみると。ひとつひとつの仕事に全力投球してきたからこそ、ここまで続けてこれたんだろうなと。ただねえ、デビュー曲がいちばん売れたっていうのは……。右肩下がりじゃないですか(笑)。

ーーいやいや、その後もヒット曲がいくつも出てますから。

中村:そうですね(笑)。拓郎さんに作曲してもらった「いつか街で会ったなら」(1975年)もいいところまで行ったしね。「俺たちの旅」のときは、スタッフに「来週オリコンのチャート1位ですよ」って言われたんです。「よし! (『ふれあい』に続き)2曲目の1位だ!」と思ったら、2位だったんです。「およげ!たいやきくん」が初登場1位だったから。そうだったんですね!

俺が歌えば俺の世界の歌になる

ーーそうだったんですね! 吉田拓郎さん、筒美京平さん、松任谷由実さん(呉田軽穂)さんなど、本当にすごい作家陣が楽曲を提供していますが、中村さんが「この人に書いてほしい」とリクエストしてこともあったのでしょうか?

中村:いま話に出た「いつか街で会ったなら」は、俺が「拓郎さんに書いてほしいです」とお願いしましたね。松田優作さんとご一緒した『俺たちの勲章』(1975年)という刑事ドラマの主題歌なんですが、拓郎さんの曲が合うだろうなと思って。その前からずっとファンでしたし。『俺たちの旅』も自分から「小椋さんにお願いできませんか?」と言いましたね。『俺たちの勲章』『俺たちの旅』『ゆうひが丘の総理大臣』(1978年)は、同じプロデューサーのドラマなんですよ。

ーー個人的には『ゆうひが丘の総理大臣』の主題歌「時代遅れの恋人たち」が思い出に残っていて。夕方に再放送していて、ずっと見てました。

中村:(『中村雅俊45thアニバーサリー公演』に出演する)寺脇康文くんも同じことを言ってましたよ。カラオケに行くと必ず歌うって(笑)。最近、テレビ神奈川で再放送していて、ちょっと見てみたんだけど、すごく元気だよね。生徒を追いかけたり追いかけられたり、絶えず走ってて。

ーー(笑)。ベストを聴いていると、どんなテイストの曲も“中村雅俊の歌”にしているところがすごいなと改めて実感しました。

中村:俺が歌えば俺の世界の歌になる、というところはあるかもしれないですね。一つだけそうならなかったのが、小田和正さんに書いてもらった「小さな祈り」(1998年)なんですよ。小田さんの事務所で3時間くらい、みっちり歌い方の指導を受けて。小田さんはどちらかというと、短く切るような歌い方だと思うんですけど、俺は語簿を伸ばすクセがあって。歌えるようになるのがけっこう大変で……でも、そんなことを言いながら、いま聴くと「やっぱり俺の歌い方になってるな」と思ったりもするんだけど。

ーー80年代から90年代にかけても、ASKAさん、根本要さん(スターダストレビュー)、米米CLUBなどのヒットメイカーが楽曲を提供。サウンドやアレンジも変化していきます。

中村:それに伴って、俺の歌い方も変化してますね。70年代は優しく歌うことが多かったんだけど、80年代は少しずつ男っぽい歌い方になってきて。どう歌おうか意識していたわけではないんだけど、以前は出演したドラマの主題歌を歌わせてもらうことが多かったから、役柄と重なっていたところもありましたね。

ーー歌と演技がつながっていたと。

中村:そうだと思います。もちろん、作詞家、作曲家の方との出会いも大きくて。お亡くなりになった大津あきらさん(「心の色」「君の国」などの作詞を担当)に歌詞を書いてもらったのもそう。大津さんはいつも身近にいてくれて、レコーディングにも立ち会ってくれたし、地方のコンサートにも来てくれて。仲良くなると、それが歌詞にも反映されるんですよ。「俺のことを知ったうえで書いてくれてる」という感じもあって。それは松井五郎さんも同じですね。俺という人間を理解したうえで歌詞を書いてくれてるというか。ただ、そうじゃないアプローチの歌詞にもいいものがいっぱいあるし、作詞、作曲、歌の化学反応は大事ですよね。

ーー中村さんが作曲したシングル曲(「野生のリサ」「愛はここにある」)も収録されていますね。

中村:すいません(笑)。俺が作曲した曲はあまりヒットしなくてねえ……。大学生の頃から曲は作っていて、好きなんだけど、なかなかいい曲が作れない(笑)。でも、アルバムにはけっこうオリジナル曲が入っていて、それは俺の宝物ですね。

ーーそして00年代以降は、松井五郎さん(作詞)、都志見隆さん(作曲)のペアが定着します。そのほかにも、曽我部恵一さん、松本素生さんらの楽曲もあって。

中村:松井さん、都志見さんは俺のことをよくわかっているし、「こんな楽曲はどうですか?」と提示もしてくれるので、すごく助かってますね。曽我部くん、松本くんは、スタッフの推薦なんですよ。歌って、実際に歌ってみないとわからないんですよ。洋服も見るだけではダメで、着てみないと似合うかどうかわからないじゃないですか。歌もそうで、実際に歌っていて「これは合うね」とか「普段よりも上手く聴こえる」とか(笑)、いろんなことが見えてくる。つまり、先入観だけで決めちゃいけないということですよね。知らない作家の方であっても、「やってみようか」というのが大事だなと。

ーーなるほど。中村さんの歌を心の寄り処にしているファンの方も多いと思いますが、中村さん自身の歌に対するモチベーションも変化していますか?

中村:あまり大げさなメッセージは言いたくないんですよね。お芝居や映画もそうでしょうけど、受け取ってくださる方に委ねたほうがいいと思うんです。聴く人、観る人によって感じ方はいろいろだろうし、俺としては、自分が解釈した歌詞やメロディを送り届けるだけなので。俺は決して上手い歌手ではなくて、いい歌詞、いいメロディを作っていただいて、その世界を自分なりに表現するタイプだと思っているんですよ。それに触れてくれた方が、何かを感じてくれたらそれでいいかな、と。そういうことって、理由はわからないじゃないですか。音楽を聴いて「こことここが素晴らしい」って説明すると、ちょっとウソくさいでしょ?(笑)。

ーー(笑)。うんちくを語るのも楽しいですけどね。中村さんが好きなThe Beatlesにも、いろんなエピソードがあるし。

中村:そうだね(笑)。「Please Please Me」という曲があるでしょ? あれは“どうぞ、どうぞ”ではなくて、“どうか、僕を喜ばせてほしい”ということなんだよね。最初の“Please”と二つ目の“Please”は意味が違うんだけど、子どもの頃、「知ってる? あの題名はさ……」って話してました(笑)。

ーー最近では、「ポール・マッカートニーはステージで水を飲まない」というのが話題になったり。

中村:それはみんな言ってたね(笑)。あまりにもみんなが話題にするから、俺もそうしようかなって思って。水の代わりにハチミツを飲もうかな(笑)。

ーー(笑)。今回のベストアルバムには“yes! on the way”、つまり“まだ途中”というタイトルが付いていて。この先、歌手としてどんなことをやっていきたいですか?

中村:新しいことは思い付かないけど、45年間、1年も欠かさずツアーを続けているから、それをずっとやれたらいいなと思ってます。基本的にはホールのコンサートですが、ライブハウスで歌うのもいいしね。どんな環境であっても、歌は続けていきたいなと。こうやって音楽に関われていることが、すごく嬉しいんですよ。音楽との出会い、歌との出会いは俺の人生にとって、本当に大きいですね。

(取材・文=森朋之)

■リリース情報
中村雅俊
45周年記念シングルベスト『Masatoshi Nakamura 45th Anniversary Single Collection~yes!on the way~』

初回限定盤 CD4枚組+DVD1枚
 ¥10,000+税

通常盤 CD4枚組 
¥5,000(+税)

<LIVE BEST DVD収録楽曲>
1.100年の勇気
2.これからが長い道
3.迷いながら
4.70年代
5.過ぎた日にそっと花を
6.ただお前がいい
7.ナカムラ・エレキ音頭
8.時代遅れの恋人たち
9.恋人も濡れる街角
10.ふれあい
11.いつか街で会ったなら
12.君を胸に秘めて
13.海を抱きしめて
14.俺たちの旅
15.心の色
16.想い出のクリフサイド・ホテル
17.あゝ青春
18.風の住む町
19.ONE MORE HEART
20.君がいてくれたから
21.心の地図
22.滑走
23.ワスレナイ
24.はじめての空

※1~3 1994/5/18 大阪フェスティバルホール
※4~8 1998/6/28 日々谷野外音楽堂
※9~12 1998/5/14 静岡市民文化会館
※13~17 1999/9/17 東京国際フォーラム・ホールA
※18、19 1994/8/23 日本武道館
※20~24 2015/10/12 神奈川県民ホール
1~17は初映像商品化

<CD収録曲(57曲)>
CD-1
1ふれあい(1974年7月1日)
2白い寫眞館(1974年11月1日)
3いつか街で会ったなら(1975年5月1日)
4俺たちの旅(1975年10月10日)
5盆帰り(1976年5月25日)
6時(1976年11月1日)
7俺たちの祭(1977年11月1日)
8青春試考(1978年5月10日)
9時代遅れの恋人たち(1978年11月1日)
10日時計(1979年6月1日)
11激しさは愛(1979年11月1日)
12野生のリサ(1980年5月1日)
13マーマレードの朝(1980年9月1日)
14表通りは欅通り(1981年2月10日)
15心の色(1981年11月25日)

CD-2
1君の国(1982年5月21日)
2恋人も濡れる街角(1982年9月1日)
3燃える囁き(1983年5月21日)
4瞬間(ひととき)の愛(1983年7月21日)
5揺れる瞳(1983年12月21日)
6パズル・ナイト(1984年6月21日)
7夢一途に(1985年3月21日)
8日付変更線(1985年10月21日)
9想い出のクリフサイド・ホテル(1986年5月21日)
1070年代(1987年6月1日)
11もう一度抱きたい(1987年10月21日)
12さよならが言えなくて(1987年11月21日)
13未来が眠る日々(1988年9月1日)
14消えのこる青春の香り(1989年1月21日)
15RISKY NIGHT(1989年4月21日)

CD-3
1あなたにあげたい愛がある(1989年6月21日)
2闇の中のサファイア(1989年7月25日)
3ほほえみで抱きしめたい(1989年11月21日)
4願い(1990年5月21日)
5風の住む町(1990年12月21日)
6ざっくばらん(1991年11月21日)
7誰よりも…(1992年9月1日)
8ほんとうに愛ができること(1993年4月21日)
9迷いながら(1994年3月21日)
10ありったけの愛を集めて(1995年5月10日)
11過ぎた日にそっと花を(1996年9月10日)
12愛はここにある(1997年9月10日)
13小さな祈り(1998年7月1日)
14哀しい人(1999年6月1日)

CD-4
1心の地図(2000年11月23日)
2あいつ(2001年8月1日)
3虹の少女(2002年9月20日)
4立ち上がれ(2003年5月21日)
5空蝉(2005年2月23日)
6コスモス (2007年2月21日)
7涙(2008年6月25日)
8はじめての空(2015年9月23日)
9ならば風と行け(2016年9月14日)
10どこへ時が流れても(2017年9月13日)
11まだ僕にできることがあるだろう(2017年9月13日)
12だろう!!(2018年11月21日)
13千年樹(2018年11月21日)

■公演情報
『明治座「中村雅俊 45th アニバーサリー公演」』
2019年7月6日(土)~7月31日(水)
一部 芝居:脚本 鹿目由紀 鴻上尚史  /  演出 鴻上尚史
『勝小吉伝 ~ああ わが人生 最良の今日~』
出演: 中村雅俊・賀来千香子・東 啓介・愛加あゆ・山崎銀之丞・田山涼成・寺脇康文 他
二部 中村雅俊 LIVE
「yes! on the way」

【開演時間】
12:00/17:00
【料金(税込)】
S席(1階席・2階前方席))¥12,000
A席(2階後方席・車イススペース)¥8,500
B席(3階席)¥6,000

【チケット発売】
5月26日(日)10:00~ 一般販売開始
※6歳以上有料。5歳以下の入場は不可。
明治座オフィシャルサイト

中村雅俊『45周年ベスト盤発売&明治座公演制作発表記者会見』スペシャルイベント
開催日:7月1日
開催場所:明治座
※7月1日発売の中村雅俊シングルベスト「yes! on the way」を指定CDショップ予約者の中から抽選で招待
※応募方法等詳細:コロムビアサイトにて

『Masatoshi Nakamura 45th Anniversary 明治座 Special Live』
【開演時間】16:00
【料金(税込)】
S席(1階席・2階前方席))¥12,000
A席(2階後方席・車イススペース)¥8,500
B席(3階席)¥6,000

【チケット一般発売】
5月26日(日)10:00~
※6歳以上有料。5歳以下の入場は不可。

中村雅俊 公式サイト

アプリで読む