Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

欅坂46 原田葵も復帰 『欅共和国2019』で見せた“漢字欅”の団結力

リアルサウンド

19/7/9(火) 14:00

 欅坂46の野外イベント『欅共和国2019』が7月5日から7日にかけて開催された。今年で3回目となるこのイベントは、富士山の麓にある富士急ハイランド・コニファーフォレストにて行われる野外ライブ。屋外ならではの特別な演出や仕掛けが施され、通常のライブとは一味違った体験が味わえる。今年は1日あたり16,000人、計約48,000人が全国から詰め寄せた。

(関連:欅坂46 原田葵も復帰 『欅共和国2019』で見せた“漢字欅”の団結力

 開演すると、船乗りの格好をしたメンバーたちが楽隊とともに登場し、船のデッキを掃除するようなダンスを披露。手旗信号を取り入れたパフォーマンスは、”出航”を合図するかのごとくキレのよさを見せる。ステージセットは船をモチーフにしたもので、メンバーや観客を”乗組員”に見立てたような作り。恒例の「OVERTURE」が流れると、富士山の麓に会場全体の大合唱が響き渡った。

 1曲目は「世界には愛しかない」から幕開け。同時に巨大なウォーターショットも噴射され、勢い良く飛び出すような始まりに。昨年より導入された日本最大級の放水マシン「ウォーターショット」は高さ70メートルまで駆け上るジェット噴射機で、その放水量は昨年の5倍にスケールアップしたという。このウォーターショットは一日を通して何度も発射され会場を盛り上げた。

 ライブ中に使用される筏(いかだ)や矢倉などを用いることで、ライブにいながらも”航海”しているような気分にさせられる。セットリストも”野外仕様”で盛り上がるような楽曲がずらり。このように、昨年と比べて水量の規模も増量、かつ、演出やセットのこだわりも強くなり、いつにも増して『欅共和国』のコンセプトがより一層強まっている。あいにくの悪天候で霧のような雨が降りしきる会場であったが、そんなことにも負けじと客席からは大きな歓声が飛び交う熱気に満ちた一日であった。

 その後、「手を繋いで帰ろうか」「青空が違う」とライブで盛り上がる楽曲で攻めていく。メンバーは各所に散り、放水銃や泡でファンを楽しそうに攻撃。メンバーからの水攻め・泡攻めを嬉しそうに受ける観客の姿がスクリーンに映し出されると、会場は温かい雰囲気になった。

 このイベントから昨年の5月から学業による活動休止中であった原田葵が復帰することとなった。久々にファンの前に姿を現した彼女は、1年以上のブランクを感じさせないパフォーマンスで魅了していた。

 MCでは、キャプテンの菅井友香が「欅共和国へようこそ!」とトークを開始し、復帰した原田に話を振ると「こんなたくさんの人の前で緊張してるんですけど、精一杯頑張るので一緒に盛り上がってください」と元気いっぱいに挨拶。また菅井は「ありがたいことに今日も雲ひとつない青空が……」と冗談を交え、「本当だ~」と他のメンバーもノリノリに。その後、7月7日が誕生日の土生瑞穂をサプライズでお祝いした。バースデーケーキが登場すると土生は「苺ケーキだ~」と見たままの感想を述べて会場の笑いを誘う。

 ライブ中盤に差し掛かると、「バレエと少年」や「バスルームトラベル」「結局、じゃあねしか言えない」といったユニット曲を織り交ぜつつ、「危なっかしい計画」へと繋ぐ。観客もタオルを振り回し、会場には自然と一体感が生まれていた。

 曲が終わるとステージには炎が登場。このあたりから会場一帯は徐々に暗くなり始め、明るかった野外ライブは暗闇の中での”炎と水のショー”と化していく。「Student Dance」ではステージで炎が高く燃え盛る中、床が水槽となっているセンターステージ上でメンバーたちがクールなダンスパフォーマンスを見せる。

 特筆すべきは「避雷針」からの流れだ。雷の効果音が大音量で流されるとステージは異様な雰囲気に。暗くなった会場で披露される力強いダンスに会場は釘付けになっていく。

 その後、「AM1:27」「I’m out」「キミガイナイ」と続き、ラストスパートをかけるようにして「語るなら未来を…」「風に吹かれても」と休むことなく渾身のパフォーマンスを披露する。毎回体力を必要とされる過酷な欅坂46のライブだが、そうしたセットリスト組みがかえって観客の熱を煽るため、この日も怒涛の終盤で会場のテンションを高めていく。

 さらに、今回初めて導入された「ウォータースクリーン」は、ステージ前で水が放射状に噴水され、そこにプロジェクターで映像が投影される幻想的な装置。ライブ終盤にヒートアップさせる大きな役割を果たしていた。

 ギリシャ神話の神・ポセイドンが出現するウォータースクリーンの演出を経て、最後に「サイレントマジョリティー」でイベントを華麗に締めた。

 日の出ている時間帯から時間が経つに連れて日が落ちていく野外会場の特性と、明るい曲から始まり多様な楽曲を経由して世界観を極めつつ、最後は「サイレントマジョリティー」でビシッと締める構成とがしっかりと噛み合い、本来の楽曲の魅力が何倍にも膨れ上がっている。また、最終日はちょうど七夕の日ということで、多くのファンが待ち望んだ原田葵の復帰により”願いの叶った”一日になったことだろう。MCは一度のみでパフォーマンスに集中できるライブ作りもこのグループらしい。

 もう一つ重要なのが、昨年まで共演していたけやき坂46(現・日向坂46)が今回は出演せず、欅坂46のみでのライブとなったこと。これにより1期生の17人と2期生の9人が力を合わせてひとつのライブを作り上げている。こうしたイベントを積み重ねていくことで、より一層団結力が高まり、今後も坂を駆け上がっていくことだろう。(荻原梓)

アプリで読む