Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Kis-My-Ft2 北山宏光、中居正広と言い合いに? 「中居さんがハンデみたいなもんなんですよ」

リアルサウンド

19/3/14(木) 12:20

 中居正広がMCを務めるスポーツ番組『中居正広 平成最後のガチ対決 超一流選手と4番勝負!』(日本テレビ系)が3月13日に放送。森山直太朗、ナオト・インティライミ、北山宏光(Kis-My-Ft2)らが出演した。

(関連:『ナカイの窓』は心優しきガキ大将が仕切る草野球のよう? 中居正広のMC力を振り返る

 同番組は、ゲストを招いた「チーム中居」が様々なジャンルの一流アスリートたちと対決するというもの。今回の放送では、「PK対決」「卓球」「ソフトボール」「バドミントン」の4種目を行った。

 「PK対決」では、チーム中居として森山、ナオト、北山、中澤佑二(元サッカー日本代表)、荒木雅博(プロ野球中日ドラゴンズコーチ)が、アスリートチーム・なでしこには、澤穂希、川澄奈穂美(スカイブルー)の他、若手選手たちが参戦した。対戦前にまずは選手紹介から。若手選手たちに中居は「どう思ってるの? 2人(澤、川澄)のこと」「“飯行かない?”って言わない?」と意地悪な質問を投げかけると、川澄が「誘ってくれないんですよね……」と続ける。中居は「面白くないもんね、大先輩と行っても」と言うと、すかさず川澄は「そうなんですか?」と中居に聞き返す。すると、中居は「そういうところあるんですよ」と言い、出演者の笑いを誘った。

 毎年恒例になっているサッカー対決。チーム中居は、なでしこに9戦8敗中だ。サッカーを得意とする面々が揃ったチーム中居について、北山が「このメンツは、中居さんがハンデみたいなもんなんですよ」と言い出す。森山も「それは言いにくいことだったけど……」と話に乗り、北山が「みんなの代弁! 後輩だから」と続けると、中居は「お前外したら、すげえ恥ずかしいぞ!」と言い返し「“北山 調子こいてる”ってなるよ」とキーボードを打つ仕草を見せる。北山は中居の仕草を真似し、「これネット? SNSで拡散してるじゃん!」と反応した。

 さっそく「PK対決」へ。なでしこは立て続けてゴールを決める。一方チーム中居は、1本目で中澤がまさかの失敗。2本目でナオトがフェイントを仕掛けて見事ゴールした。ナオトのシュートを見た中居は「“大丈夫? ナオト!”“右足、左足間違えてる!”って思ったら、違うんだね。あれ、フェイントだったんですよ!」と嬉しそうな表情を浮かべた。その後、接戦を見せ、なでしこが1点リード。9本目は北山が挑む。中居は「お前外したら、俺の最後の2本目がなくなる」とプレッシャーをかけたものの、北山はシュートを外してしまう。なでしこがゴールを決めれば勝利に。

 この結果に中居は「タイム!」と言い出す。「これだと北山がインターネットで“北山クソ野郎 お前なんて!”って言われるでしょ? “キスマイの後ろの4人(舞祭組)の方に入れ”って言われちゃうじゃん」「だから先攻・後攻逆にしていい?」と提案。提案の仕方に北山は「心の声がひどいよ」と苦い顔をした。なでしこは中居の提案を受け入れ、ラストはチーム中居が先攻へ。しかし中居は失敗。最終的になでしこが勝利となった。(向原康太)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える