Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©「多十郎殉愛記」製作委員会

高良健吾が封印していた刀で大立ち回り 映画『多十郎殉愛記』新映像

CINRA.NET

19/4/11(木) 6:00

中島貞夫監督の映画『多十郎殉愛記』の新たな本編映像が公開された。

4月12日から公開される同作は、幕末の京都を舞台に、大義も夢もなく日々を無為に過ごす長州脱藩浪人の清川多十郎、脱藩して多十郎のもとを訪れた腹違いの弟・数馬、多十郎に好意を寄せるおとよの3人を軸に、多十郎の捕縛に動く京都見廻組との死闘が繰り広げられるというあらすじ。長州一の剣豪・多十郎役を高良健吾、小料理屋の女将・おとよ役を多部未華子、多十郎の弟・数馬役を木村了が演じる。中島監督の一番弟子である熊切和嘉が監督補佐として参加。

公開された映像には、多十郎が長屋の中を突き破りながら逃げ回る場面や、騒ぎに乗じて傷を負った数馬とおとよが逃げ出す様子、多十郎が京に来てからは封印していた刀を抜き、大勢の役人を相手に大立ち回りを見せるシーンなどが映し出されている。

高良健吾にとって「一番の挑戦だった」という同作の殺陣は、相手を斬るためでなく、愛する者を守るための殺陣。「撮影前に稽古を重ねたものの、現場で当日につけられる型を覚え、演じながら殺陣を繰り広げるということがとても難しく、だからこそやり甲斐があった」と振り返っているという。

アプリで読む