Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

伝説のバンド“ザ・スミス”結成前夜を描く ジャック・ロウデン主演『ENGLAND IS MINE』5月公開

リアルサウンド

19/3/12(火) 12:00

 若き日の苦悩と挫折を乗り越え、世界にはばたくミュージシャンとして生きる決意を描いた青春音楽映画『ENGLAND IS MINE(原題)』が、5月31日よりシネクイントほか全国公開されることが決定。あわせてティザービジュアルと場面写真が公開された。

参考:ロウデン演じるモリッシー

 本作は、1980年代、痛烈な言葉と音楽性で、イギリスのミュージックシーンを席巻した伝説のバンド、ザ・スミスのボーカルリストであるスティーブン・モリッシーが1976年マンチェスターで高校をドロップアウトし、ライブハウスに通いつめバンド批評を投稿する日々の中で、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越え、ミュージシャンとしてのアイデンティティを建立するまでを描く。2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画祭に出品され高い評価を受けた。

 皮肉屋でコミュニケーションが苦手、音楽への情熱は人一倍なのにどうして良いかわからず苦しむ、若き日のモリッシーを演じるのは、『ダンケルク』のコリンズ役で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたジャック・ロウデン。モリッシーの才能を見抜き後押しするアーティストの卵、リンダー・スターリング役を『ダウントン・アビー』シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイが、職場の同僚でモリッシーを誘惑するクリスティーン役を新作ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』で暗殺者・ヴィラネル役に抜擢されたジョディ・カマーが務める。1970年代を代表するニューヨーク・ドールズ、ロキシーミュージック、セックス・ピストルズ、モット・ザ・フープルほか、様々なアーティストの楽曲が挫折や苦悩を彩る。

 公開された場面写真では、ロウデンがマイクを手に取り歌う姿や、フィンドレイとロウデンがソファに腰かける様子が切り取られている。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む