Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『なつぞら』第43話では、なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)の送別会が行われる

リアルサウンド

19/5/18(土) 8:15

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。5月20日放送の第43話では、なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)の送別会が行われる。

参考:“現実”を学ぶ『おしん』、“希望”を学ぶ『なつぞら』 いつの時代も心に沁みる朝ドラのメッセージ

 なつが高校の卒業式を迎えた第42話。第43話では、卒業式を終えた日に、夕見子(福地桃子)のもとに北海道大学から封書が届く。緊張する柴田家の家族をよそに、さっと受け取る夕見子だったが、封書を持って2階に上がったきり戻ってこない。心配する泰樹(草刈正雄)や富士子(松嶋菜々子)たち。部屋を覗くと、合格通知書を握り締めて眠りこける夕見子の姿があった。数日後、いよいよなつが東京へ旅立つ。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、吉沢亮らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む