Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

リリスク himeが語り尽くす、Creepy Nutsの魅力「こんなに共感できるラップは初めてだった」

リアルサウンド

18/7/25(水) 12:00

 R-指定とDJ松永によるヒップホップユニット・Creepy Nutsのインディーズ時代の楽曲を網羅したアルバム『INDIES COMPLETE』が7月25日に発売された。リアルサウンドでは本リリースを記念し、Creepy Nutsの活躍をインディーズ時代から見届けてきた人々へのインタビューを2回に分けて公開する。今回登場するのは、ヒップホップアイドルユニット・lyrical schoolのhime。彼らの音楽を心から愛し、尊敬する熱量の高い話からは、Creepy Nutsの音楽的魅力とシーンでの存在感が余すことなく伝わるはずだ。なお、聞き手には、hime、そしてCreepy Nutsの二人とも親交の深い高木 “JET” 晋一郎氏を迎えた。(編集部)

高校生の時、Creepy Nutsを聴いて救われた

ーー今回はCreepy Nutsについて、熱狂的ファンのhimeさんにお話を伺いたいと思います。

hime:任せてください!!

ーー頼もしいというか、恐ろしいというか(笑)。まずCreepy Nutsを知ったきっかけは?

hime:元々、私がHilcrhymeのファンだった流れで、MCのTOCさんがソロ活動の時にバックDJをやっていたDJ松永さんを知って、格好いいDJだなって。それで松永さんのアルバム『サーカス・メロディー』を聴いたら本当に素晴らしいアルバムで、そこでファンになったんですよね。『サーカス・メロディー』には「トレンチコートマフィア feat.R-指定」でRさんが参加してて、「バトルで活躍してるRさんも一緒にやってるんだ」って。だから、松永さんのファンになってから、Creepy Nutsを知ったんですよね。

ーーRくんから入るのではなく、松永くんが入り口だったと。奇特というかなんというか……。

hime:ひどい!(笑)。Creepy Nutsのライブを初めて見たのは、ACEさんのアルバムの『STRAIGHT』のリリースパーティーで、そのライブが超楽しくて、「これはラップリスナーじゃなくてもハマるし、絶対流行るじゃん!」って感じたんですよね。

ーー当時は現場売りで『刹那』(2015年8月)をリリースしたばかりで、Creepy Nutsとして本格始動した直後ですね。

hime:その時にはもう「聖徳太子フリースタイル」をやってて。私はフリースタイルバトルも好きですけど、どっちかっていうと基本は音源派なんですね。でも「聖徳太子フリースタイル」を聞いて、バトルじゃないフリースタイルでこんなに楽ませてくれるんだ! って。あのフリースタイルって、お客さんが言った色んなお題を、Rさんがフリースタイルの中に全部織り交ぜていく、お客さん参加型じゃないですか。それってライブならではの醍醐味だと思うし、しかもお題を全部回収して、その日にしかできないフリースタイルを形にすることに、すごく感銘を受けたんですよね。ライブもタイトだし、そこで一気にハマっていって。

ーー「聖徳太子フリースタイル」のお題を出したことは?

hime:ないんですよ。いつも手を挙げたくなるんですけど、恥ずかしくて勇気がなくて。

ーー「lyrical school」ってお題を出せばいいのに。

hime:ママもファンだから、Creepy Nutsのライブはよくママと一緒に行くので、ママもそう言うんですけど、「ホントそういうの無理」みたいな(笑)。

ーー今日着ているTシャツもCreepy Nutsのサイン入りですね。

hime:3年ぐらい前に、武蔵小杉の駅前でお祭りがあって、そこでCreepy Nutsがライブするのをママと見に行って、その時に入れてもらったんですよね。そのお祭りの時は、まだCreepy Nutsがそこまで有名じゃなかったので、通りかかった男子高校生がライブ見ながら騒いでたんですね。そしたら、Rさんが高校生が好きそうな下ネタをばんばんラップして、それで高校生たちが超盛り上がったんですよ。でも、それってRさんじゃなかったらできなかったと思うし、その対応能力がすごいなって。

ーーRくんの精神年齢が高校生と一緒だったからというような気もしますが(笑)。

hime:でも、その後のCreepy Nutsのライブでもその高校生がガンガン盛り上がってて、それがすっごく嬉しかったんですよね。

ーー我が事のように。

hime:そういうの多いんですよ。『フリースタイルダンジョン』が流行って、同級生が「R-指定すげー!」とか言ってると、「でしょ! ありがとう!」みたいな(笑)。

ーーhimeさんは今、大学に通ってますが、同世代のお友達のCreepy Nutsの認知度はいかがですか?

hime:みんな知ってるし、聴いてますね。私はKANDYTOWNとかゆるふわギャングとかも好きなんですけど、そういうちょっとコアめのアーティストは、まだ聴かない子も多いんですけど、Creepy Nutsはみんな聴いてますね。友達とカラオケに行くと、私だけラップして「この曲、何?」ってなることが大体なんですけど(笑)、Creepy Nutsだけはみんな一緒に歌えるんですよ。

ーーそれは例えば?

hime:「合法的トビ方ノススメ」とか。みんなめっちゃ楽しそうに歌いますね。YouTubeにMVが上がってるから、それでみんな接してるんですよ。

ーーでは、いきなり本質的な質問をしますが、himeさんの考えるCreepy Nutsの魅力は?

hime:自分を誇示しないところ……ですかね。自分を誇示して、強く見せたり、自慢しまくるっていうのも、ヒップホップの面白さだと思うし、BAD HOPみたいにそういうオラオラな部分も格好いいと思うんですけど、それって私には「違う世界の話」として格好いいって感じなんですよね。自分の世界とは直接繋がってる感じはしないっていうか。

ーーある種のファンタジー的な楽しみ方というか。

hime:でもCreepy Nutsは、例えば「たりないふたり」みたいに、「足りない」とか「コンプレックス」をバンバン出しますよね。私も足りないところがいっぱいあるので、Creepy Nutsの曲は、自分の世界と直接重なったし、こんなに共感できるラップは初めて聴いたなって。特に高校生の時は、Creepy Nutsを聴いて救われたんですよ。

ーー自意識に苛まれがちな思春期のマインドを、刺激したり、助けてくれたと。

hime:そういう悩みの多い時期に出会ったので、「自分の心の中をそのまま曲にしてくれた!」って。すごく刺さったんですよね。最近の曲でも「だがそれでいい」とか、もう聴き終わった時に「……ありがとう」って(笑)。

ーーリリスクが「RUN and RUN」をリリースした際に、リアルサウンドではhimeさんとminanさんとCreepy Nutsの対談を行いました(lyrical school(hime、minan)×Creepy Nuts特別対談「アイドルラップで出来ることは全部やってみたい」)が、その時にもリリスクの二人は「私たち、足りないんです」っていう話をされてましたね。アイドルとしてその屈折の発露はどうなんだと思ったけれども(笑)。

hime:ステージに立ってる時は、「足りない」なんて出しちゃダメだし、リリスクはそういうグループじゃないと思ってて。でもその分、自分が表現できない気持ちを、曲にしてくれたCreepy Nutsに「ありがとう!」って感じなんですよね。本当に心の支えになってるんです。

ーーhimeさんの世代はやっぱり「共感する」という部分で、彼らのラップに接してるのかな。

hime:そういう人も多いと思います。「助演男優賞」とか「合法的トビ方ノススメ」とか、 みんな最初はキャッチーなラップって言う部分で興味を示すんですけど、ちゃんと掘っていくとどの曲も共感できることに気づいて、更にハマる人が多いんですよね。でも世代っていうより、Creepy Nutsの言ってることは、大人でも同じような気持ちを持ってると思うんですよ。だから、うちの親もCreepy Nutsが大好きだし、リリスクのお客さんで年上の方とかでも、私が好きだからっていうきっかけでCreepy Nutsを聴き始めて、ハマってCreepy Nutsのライブに行くようになった方もいるし。だからCreepy Nutsが歌っているのは、みんなが持っている気持ちなのかなと思うんですよね。

Creepy Nutsって、実は誰よりも前向きだと思う

ーー ただ今回のインディー楽曲を聴くと、「なんて屈折したラッパーとDJだ……」と思うんですが。

hime:それがいいんじゃないですか!

ーー……すみません。

hime:例えば「どっち」みたいな内容って、Creepy Nutsじゃないと出てこない世界だし、Creepy Nutsだからできる曲だと思うんですよね。しかもこの曲って、細かく声色が変わって、超スキルフルだと思うんですよ。私も、最近はライブで「可愛いラップ」と「格好いいラップ」の両方ができるように頑張ってるんですけど、それは「どっち」をカラオケで練習して、その切り替えをCreepy Nutsから学んだお陰なんですよ(笑)。

ーーあのドンキ層とヴィレバン層を纏めてネタにする底意地の悪い曲が……。

hime:活きてるんだと思います(笑)。たまに無性にラップがしたくなる時があって、そういう時は、一人でカラオケに3時間とか4時間ぐらい籠もって、ひたすらラップするんですね。その時に「みんなちがって、みんないい」を入れて、あの曲でRさんがやる「色んなパターンのフロウ」を自分でめっちゃ真剣にチャレンジしてみるんですよね。メンヘラの女の子ラッパーの部分とかも超カバーします(笑)。だからラップの練習をするといえば、まずこの曲って感じですね。

ーー確かに「誰々っぽいフロー」の特徴をカリカチュアライズした曲だから、練習しやすいですね。しかし、一人でひたすらラップしたくなる時があるんですね。それはライブが無い時とか?

hime:いや、ライブの帰りでも全然ありますよ。「今日はちょっとダメだったな……」って日は「練習しなきゃ!」って一人でラップするし、「今日は上手くできた!」って日も、「この気持ちを忘れないように!」って一人でラップして(笑)。

ーー結局どんな時でもラップしたいんですね(笑)。

hime:ラップが好きなんです(笑)。

ーー痛いほど伝わりました(笑)。

hime:Rさんが何かのインタビューで、「ラップは奥が深いけど、敷居は低いから誰でもできる」って話してたんですね。その言葉は刺激になったし、「自分でもっとラップがしたい!」って思ったきっかけになったんですよね。その言葉を知るまでは、「リリスクで色んな方に作っていただいたラップができればいいな」と思ってたんですよね。素敵な曲ばっかりだから、満足していたし。でも、その言葉を聞いて「自分でもやっていいんだ! 自分でもやりたい!」と思ってやる気になったんです。でも、よく考えたら「待てよ、あんなに上手い人が言う“敷居が低い”は、普通の人にとっては敷居が高いんじゃないか……?」って。

ーーメッシがサッカーは簡単だって言うような感じで。

hime:そうそう。「気持ちは分かりますけど!」っていう(笑)。でもその言葉はずっと心に残ってて、この前も、フリースタイルの動画を自分でアップしてみたり、ラップにもっと前向きになりましたね。

ーーでは、Creepy Nutsでフェイバリットな曲は?

hime:変わらずにずっと好きなのが、「トレンチコートマフィア」ですね。

ーー怖いわ~(笑)。

hime:それから「刹那」。この前TS ONEで1カ月パーソナリティをさせていただいたんですけど、その時に3曲、自分のフェイバリットを挙げてくださいっていうお題があって。それで、2pac feat. Dr.Dreの「California Love」、SALUの「夜に失くす feat. ゆるふわギャング」、そしてCreepy Nutsの「刹那」を挙げたんですよね。

ーーその理由は?

hime:映画みたいな情景が浮かぶ曲ですよね。内容的もUMB(『ULTIMATE MC BATTLE』)で3連覇してるからこそ書ける曲だと思うし、あの曲でバトルの見方も変わりました。〈信用できるのは Skillだけらしい〉とか、Rさんが言うからこそ説得力があると思うし、他の人が言ってたら、聴き逃してたと思う。

ーーこの曲はhimeさんもステージに立つ側だからこそ、感情移入できる部分もあるのかなと思いますが。

hime:自分がステージに立つ時の気持ちと、ちょっと重なる部分もあると思いますね。それから「未来予想図」。『フリースタイルダンジョン』でこの曲のパフォーマンスを見た時は、超泣きました。聴いてるとホントに苦しいんですけど、最後はすごく前向きに締めるじゃないですか。Creepy Nutsって、足りないとか屈折とか、ネガティブな部分を出すんだけど、実は誰よりも前向きだと思うんですよね。

ーーネガティブだけで終わる曲は実は少ないですね。

hime:「シラフで酔狂」の〈前向きなネガティビスト〉っていう歌詞が、Creepy Nutsを象徴してると思うんですよね。「それそれ!」って思うし、私もそういうタイプなんです。ネガティブなんだけど前向きでいたいと思うし、最終的には前向きな部分を人にも見せたいと思ってます。

ーーでは好きなパンチラインは?

hime:無駄なリリックが一行もないんですよ!

ーーこれが“教祖誕生”の瞬間なんですね(笑)。

hime:だから選べないな~。高校生の時に、あんまり下ネタがわからなくて、「合法的トビ方ノススメ」を家で普通に大きい声で歌ってて、親に怒られました。外で絶対歌わないでねって(笑)。それから「爆ぜろ」の関西弁とか。「中学12年生」の〈レペゼン魔法のiらんど〉とかめっちゃ笑いました。「たりないふたり」のリリックは「本当に私だ」と思うから全部好き。「助演男優賞」はまずタイトルの付け方がすごいし、自分たちを客観視できるところが格好いいですよね。それにこの曲の〈いつかは主役の座を奪う〉ってリリックは、初期だったら出てきてないかもしれないけど、この時からそういう意識に変わったんだろうなって。そうやって、曲ごとにテーマやメッセージはブレずに一貫してるのに、トピックの幅広さが素晴らしいですよね。

ーーめっちゃ分析できてますね、しかも早口で(笑)。

hime:だから嫌いな曲はないですね(きっぱり)。

ーー歌詞の部分はRくんが担う部分が多いと思うんですが、では松永くんの魅力は? ライブDJとして、トラックメイカーとして、ターンテーブリストとしてなど、彼の動きも多岐に渡りますが。

hime:TOC & USU aka SQUEZの「真っ昼間 日本海Remix feat.DJ 松永」のスクラッチがホントに大好きですね。ライブDJとして、Rさんとのコンビネーションは本当に完璧だと思うし、「中学12年生」をライブバージョンではSEKAI NO OWARIをサンプリングに使うセンスとか本当にすごいと思う。ラジオやインタビューで見せるキャラも大好き。それに、Rさんの歌詞に一番フィットするのは、松永さんのトラックだと思うんですよね。だから、最高のコンビだと思います。

ブームじゃなくて、ずっと好きでい続けられる

ーーフリースタイルダンジョン』を現在収録している新木場スタジオコーストといえば、リリスクも10月19日に主催ライブを行いますね。

hime:今まであの場所で頑張ってきたRさんやモンスター、チャレンジャーの姿を見てるんで、私的にはコーストは「日本語ラップの聖地」だと思ってるし、みんなが作り上げてきた「ダンジョンの歴史」が紡がれている場所に、自分が立てるのがまず嬉しいですね。主催ライブとしても一番大きな会場だから、心持ちもいつもと違うし、頑張りたい。もしかしたら、私にとってのCreepy Nutsみたいに、誰かにとってリリスクが心の支えになれているかもしれないですし。だから、絶対に成功させたい。ニューアルバムの『WORLD’S END』は、スチャダラパーさんやかせきさいだぁさん、Ryohuさん、Mellow Yellowさん、色んな方に制作に関わっていただいたんですが、あの……Creepy Nutsに曲を書いてもらったりって、今後できるんですかね……?

ーー不用意なことは言えないけど、タイミング、って部分もあるんじゃないですかね?

hime:前になんかの番組でアイドルとCreepy Nutsが共演してた時に、「全然、曲作るよ」って言ってて、「いや! 待って待って! 私たちが!」って(笑)。Rさんに歌詞を書いて欲しいし、松永さんにトラックを作って欲しい! それが叶えられるようなグループになりたいです!

ーーこの記事を通して呼びかけておきましょう。

hime:でも、それってガメついのかな……(笑)。

ーー気にしすぎでしょ(笑)。楽曲提供もあり得ると思いますが、もし「共演」するとしたら、どんな曲をやってみたいですか?

hime:「爆ぜろ」みたいな、パワフルにラップしたと思ったら、サビでダウンするようなタイプの曲もやりたいし、「どっち」みたいなスイッチが色々切り替わる曲もやりたいし……でも思いっきり暗い曲がやりたい(笑)。

ーー闇が深い……(笑)。では最後にCreepy Nutsに向けてのコメントをいただければ。

hime:「ありがとう」しかないですね……(しみじみと)。

ーー二度目だけど、怖いわ~(笑)。

hime:本当に支えてもらってるんですよ! こんなに自分の内面を支えてくれるラッパーって他にいないし、そういうグループがいてくれることが、本当に嬉しいんです。嫌なことがあってもCreepy Nutsのライブを見れば忘れられるし、全部が面白くて、こんなに素敵なチームって他に無いですよね。それを目指して私たちも頑張りたいし……あの……本当に好きなんです!

ーー思いが溢れすぎて急に語彙力が下がった!(笑)。

hime:だってCreepy Nutsがいなかったら、私は多分、ラップもアイドルもやってないと思うんですよ。Creepy Nutsに出会わなかったら、リスナー側にいたと思うし、自分がプレイヤー側にいるのは、Rさんのラップとリリックに背中を押されて、松永さんの間違いないトラックとDJスキルに刺激されたからなんですよね、本当に。だから、ブームじゃなくて、ずっと好きでい続けられるのが、Creepy Nutsなんです。ライブのチケットが取りにくくなってるのも嬉しいし、ずっと今のままのCreepy Nutsで、大きな舞台に行ってほしい。とにかく全部ひっくるめて「大好きです!」って書いといてください……あ~、でもそれも他のファンの反感買うかな……。

ーーファン心理だな~。1時間たっぷり話していただいてありがとうございました。

hime:もう終わりですか? もう1時間行きましょうよ!(笑)。

ーー……怖いんでもういいです(笑)。

 

(取材・文=高木 “JET” 晋一郎/写真=林直幸)

Creepy Nuts 7/25リリース「INDIS COMPLETE」トレーラー映像

■Creepy Nuts情報
アルバム『INDIES COMPLETE』
7月25日(水)発売
<収録曲>
M1.刹那
M2.合法的トビ方ノススメ
M3.みんなちがって、みんないい。
M4.爆ぜろ!! feat. MOP of HEAD
M5.中学12年生
M6.たりないふたり
M7.合法的なトビ方ノススメ (SPARK!!SOUND!!SHOW!!ブチ上げ♂ Cherry boy REMIX!!!!)
M8.助演男優賞
M9.どっち
M10.教祖誕生
M11.朝焼け
M12.未来予想図
M13.助演男優賞 (SPARK!!SOUND!!SHOW!!時として主役を 喰っちまうRemix)
購入はこちら

Creepy Nutsオフィシャルサイト

■lyrivcal school情報
・新体制初のフルアルバム『WORLD’S END』(BRTW-1054)発売中
・8月14日(火)上野恩賜公園野外シテージにて夏恒例のフリーライブ開催
・9月10月(月)よりアルバムを提げての全国ツアー後半戦がスタート
・10月19日(金)には新木場STUDIO COASTにてツアーファイナル

lyrical schoolオフィシャルサイト
lyrical school Twitter(@lyri_sch)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play