Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」日本版ビジュアル

元ミュージシャンの父が医者目指す娘とライブ「ハーツ・ビート・ラウド」予告編

ナタリー

19/4/10(水) 12:00

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」の日本版ビジュアルが到着。YouTubeでは予告編が公開された。

2018年のサンダンス映画祭やSXSW(サウスバイサウスウエスト)映画祭に出品された本作は、元ミュージシャンのシングルファーザー・フランクと娘のサムがそれぞれの人生へ踏み出す姿をハートフルに描いたもの。「キングス・オブ・サマー」のニック・オファーマンがフランク、「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズがサムを演じた。監督を務めたのは「The Hero(原題)」のブレット・ヘイリー。

予告編には、フランクがサムに「大学行くのを1年延ばせないかな?」と提案する様子が収められている。サムは医大への進学が決まっているが、17年間営んでいたレコードショップを閉めることになったフランクを思い、一緒にライブで演奏することに。終盤には「大切なものを手放して前へ進もう」という言葉が映し出される。

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」は6月7日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかでロードショー。

(c)2018 Hearts Beat Loud LLC