Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

全てが過剰! アンディ・ラウ×ハーマン・ヤウ『ショックウェイブ』から感じる香港映画の意地

リアルサウンド

18/8/24(金) 12:00

 劉徳華ことアンディ・ラウ! 俳優・歌手としてアジアの最高峰を走る香港の大スターであり、数々の苦難を乗り越えてきた奇跡の人である。若き日には、その人気ぶりからチャイニーズ・マフィアに目をつけられて「俺たちの映画に出ろ」と銃が持ち出されるブッキングを受け、やや落ち着いた頃には熱狂的ファンに命を賭けのストーキングを受けたこともあった。最近でも2017年にCM撮影中の落馬事故で骨盤と脊髄を損傷。かなりの重傷だったが、今では完全復帰してアクション映画をガンガン撮影中である。まさにエネルギーの塊のようなスーパースターだ。そんなアンディの新作『SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班』(17)は、香港映画の意地を感じるエネルギッシュな傑作に仕上がっている。

参考:『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、まごうことなき“おじさん映画”の傑作だ!

 香港警察の爆弾処理班のチョン(アンディ・ラウ)は、潜入捜査で爆薬を使う強盗グループに接触。リーダーのホン(チアン・ウー)の信頼を得て、強盗事件に参加するも、想定外の事態が発生して大カーチェイスに発展する。香港警察は激闘の末にホンの弟らを逮捕したが、肝心のホンを取り逃がしてしまう。それから18カ月後。よりにもよって香港警察のパーティー会場で、チョンの同僚がホンに爆殺される。かくして戦いの狼煙は上がった。ホンは完全武装の部下を率いて香港の海底トンネルを占拠し、数百人の人質とトンネルその物を盾に超高額の身代金を要求。その交渉役には因縁のチョンを指名し、まず弟を刑務所から連れてくるように迫る。しかしホンの弟は「もう犯罪とかしたくないです。兄にも会いたくない」と刑務所でスッカリ改心していた。ドンドン状況が混沌としていく中、さらにチョンの大切な恋人にもホンの魔手が迫る。トンネルは!? 人質は!? 恋人は!? 香港は!? 今、全ての危機はアンディ・ラウの背中に託された!

 香港アクション映画の傑作『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』(92)の日本公開時に、息つく暇もないことの表現として「酸欠ハード・アクション」という名コピーが生まれた。本作『ショックウェイブ』も同様の酸欠ハード・アクションだと言っていい。粗筋からも分かるように、本作は危機また危機の釣る瓶打ち。監督のハーマン・ヤウは90年代に血みどろ実録映画の金字塔『八仙飯店之人肉饅頭』(93年)を手掛けた人物だが、今回は生来のエクストリーム志向が血糊から火薬に向けられている。クライマックスの敵も味方もヤケクソになっての大銃撃戦は、人間の残虐性を描き続けてきた彼にしか描けない地獄絵図だ。一方アンディはと言うと、苛烈で残酷な物語の中でもアンディ・ラウはアンディ・ラウ。真面目さが服を着て歩いているようなナイスガイっぷりで、人が次々と爆死する地獄絵図の中を懸命に駆けまわる。恋人とのベタなやり取りも、一歩間違えば大事故だが、そこは流石アジアの大スター、しっかりハマっているから恐ろしい。ハーマンの過剰な地獄絵図に、アンディの過剰な真面目さ。相反する二人の個性が見事に合致、互いを高め合っていると。この映画は過剰だ。火薬も、銃撃戦も、ハーマン・ヤウの非情さも、アンディ・ラウの真面目さも、全てが過剰である。この過剰さこそが香港アクション映画の真骨頂。ここには確かに80~90年代に世界を熱狂させた香港アクションの魅力が詰まっている。

 現在、香港は政治的に複雑な状況にある。香港返還から20年以上が経った。香港は今や中国の一部であり、「香港」というアイデンティティは揺らいでいる。もちろん映画業界とて無関係ではいられない。大陸市場でより大きな成功を収めた者もいれば、公然と中国政府を批判して干された者もいる。公開が中止になった映画だって一本や二本ではない。厳しい検閲は、日本の30歳以上くらいが何となく抱く「過剰かつ猥雑でエネルギッシュな娯楽活劇」=「香港映画」を減少させた。こうした現状の中、まさに80~90年代、そうした「香港映画」の看板を背負った者たちが、This is 香港映画な作品を作り上げたことが単純に痛快だ(ついでに言うと興行的に大成功しており、続編が動いているという)。

 少し話題が逸れてしまった。ともかく何もかもが過剰な映画なので、本作は大きな画面、そして映画に集中できる映画館で観るのがベストだろう。大爆発に銃撃戦。急展開の雨あられに、炸裂する義侠心。号泣必至のクライマックスなど、見どころ盛りだくさんの傑作だ。アンディ・ラウという唯一無二のスーパースターの輝きと、ハーマン・ヤウという鬼才の手腕、そして「香港映画」の持つパワーを是非とも劇場で体感してほしい。(加藤よしき)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play